ホーム | Copom 関連記事

Copom 関連記事

《ブラジル》中央銀行=経済基本金利を2%で維持=CNIなどが歓迎の意表明

中央銀行(Marcello Casal Jr./Agencia Brasil)  中央銀行の通貨政策委員会(Copom)が20日、経済基本金利(Selic)を年2%で据え置く事を全会一致で決めたと同日付現地サイトが報じた。金利据え置きは3会合連続だ。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録 ...

続きを読む »

《ブラジル》中銀通貨政策委員会は景気回復緩やかと予想=基本金利引き上げは来年後半か

 15日に中銀通貨政策委員会(Copom)の議事録が発表され、景気回復は緩やかと見ている事や、経済基本金利(Selic)の引き上げ再開を検討している事が明らかになったと同日付現地サイトが報じた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》中銀が経済活動指数発表=10月は0・86%成長

経済活動指数上昇について報じた14日付エスタード紙の記事の一部  中央銀行が14日、10月の経済活動指数(IBC―Br)は前月比で0・86%成長したと発表したと同日付現地サイトが報じた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》難しいSelic判断=インフレ抑制と景気高揚の狭間で=かさむコロナ禍対策費の重み

困難なかじ取りを求められている中銀のカンポス・ネット総裁(18日付エスタード紙電子版の記事の一部)  【既報関連】コロナ禍に伴う種々の対策費と経済活動低下が基礎的財政収支の赤字増額を余儀なくする中、緊急支援金の減額と食料品を中心とするインフレが庶民の購買力低下を招き、第4四半期の経済は減速との予想も出始め、経済基本金利(Seli ...

続きを読む »

今年のインフレは3・25%=金融機関のアナリストが予測

年末が近づき、なおさら注目される動向予測(Marcello Casal Jr./Agencia Brasil)  中央銀行が毎週行う経済動向調査「フォーカス」の最新調査で、国内の金融機関のアナリスト達が今年のインフレが亢進傾向にあるとみている事が明らかになった。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン. ...

続きを読む »

《ブラジル》基本金利が史上最低2%に=工業生産増と低インフレで

 5日に行われた通貨政策会議(Copom)で、経済基本金利(Selic)が2%に下がった。インフレが予想値よりも低い状況であることから、Selicが0・25%P下がって2・00%になった。9回連続の金利切り下げとなった。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

聖南西=300万レ基金から支援金=コロナ禍の傘下団体に慈雨=山村会長「天野さんのおかげ」

1月の聖南西総会に出席した皆さん。前列左から3人目が天野さん

 全伯の日系団体は資金集めのイベントが開催できず、会員の会費支払も滞りがちとなる中、日本語学校の諸経費、施設従業員への支払いなどに困っている。そんな中でも聖南西文化体育連盟(UCES、山村敏明会長、25団体)は、以前から進めていた『聖南西基金プロジェクト』を前倒しして切り崩すことで、この難局を無事に乗り越えた。山村会長は「これも ...

続きを読む »

樹海拡大版=コロナ対策で1兆600億レアルを市場注入、インフレ再燃懸念も?

造幣局が紙幣40%増産 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  先週読んだ記事の中で、一番ドキリとしたのはロイター通信8 ...

続きを読む »

《ブラジル中銀》6日、0・75%Pの大幅利下げ=ドル高で一時6レアル目前

 【既報関連】コロナショックが本格化してから初の、中央銀行の通貨政策審議会(Copom)が5、6日に開かれ、経済基本金利(Selic)は年3・75%から3・00%へと、0・75%ポイント(P)引き下げられた。6日付現地サイトが報じている。  史上最低水準の更新となる7会合連続の利下げと、2017年10月以来、約2年7カ月ぶりの大 ...

続きを読む »

《ブラジル中銀》経済指標予測集“フォーカス”を発表=GDP成長率予測はマイナス3・76%

 ブラジル中銀は4日、週刊経済指標予測集「フォーカス」を発表した。この予測集は中銀独自の予測ではなく、ブラジル国内100以上の金融機関を対象として行ったアンケートをまとめたものだ。  それによると、今年のブラジル国内総生産(GDP)成長率予測は先週のマイナス3・34%からさらに下がって、マイナス3・76%と出た。フォーカスは今年 ...

続きを読む »