ホーム | Copom 関連記事

Copom 関連記事

《ブラジル》中銀=Selicが年3・5%に=予告通り0・75%P引上げ=インフレ高進の抑制に必死

気になる今後の通貨政策(イメージ映像)(Marcello Casal Jr./Agência Brasil)  中銀の通貨政策委員会(Copom)が5日、経済基本金利(Selic)を0・75%ポイント引き上げ、年3・5%とする事を決めたと5日付現地サイトが報じた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン ...

続きを読む »

《ブラジル》経済動向予測調査=インフレ予測は4・85%に=GDPの成長見込みは下方修正

インフレ高進で通貨価値や購買力の低下が懸念されるレアル紙幣(Marcello Casal Jr./Agencia Brasil)  中銀が12日に発表した金融機関の関係者らを対象に行う経済動向予測調査「フォーカス」によると、2021年の予測インフレ率は前回発表の4・81%から4・85%に上方修正された。 ※このコンテンツを閲覧す ...

続きを読む »

《ブラジル》中銀=今年のインフレは4・71%=11週連続の予想引き上げ

多くの国民もインフレを肌で感じている(イメージ写真、EBC)  中銀の経済動向予想調査「フォーカス」が今年の予想インフレ率を再び引き上げ、4・60%から4・71%に上方修正したと22日付現地サイトが報じた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》Copom=6年ぶりに経済基本金利引き上げ=予想上回る0・75%ポイント

中央銀行(Marcello Casal Jr./Agencia Brasil)  中央銀行の通貨政策委員会(Copom)が17日の会合で、経済基本金利(Selic)を2%から2・75%に引き上げた。引き上げは事前に予想されていたが、引き上げ幅は市場の予想を上回り、関係者を驚かせたと17、18日付現地紙、サイトが報じた。 ※このコ ...

続きを読む »

《ブラジル》インフレ高進予想強まる=経済基本金利も引上再開

中央銀行(Agencia Brasil)  15日に中央銀行が発表した経済動向予想調査「フォーカス」によると、今年の予想インフレ率は3・98%から4・60%に、経済基本金利(Selic)も4%から4・5%に上方修正されたと15日付現地サイトが報じた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録 ...

続きを読む »

特別寄稿=ボケ予防手段としての金融投資=じっくり楽しもうマネーゲーム=悪化するボルソナロ・リスク=聖市在住 元週刊 FAXニュース代表 永井 忍=(2)

 さてブラジルは今、政治面では要注意、経済金融面では不安定になっている。  政治面で要注意なのは、2022年大統領選を前提にした政権(大統領府)と財政健全化の道筋を策定したい経済省の間に運営と国会対策で、政権と大統領支援で国会運営の舵を握ったセントロン(中道連合)の間に、優先法案順位だけでなく条文でも統一がない。  経済金融の安 ...

続きを読む »

《ブラジル》中央銀行=経済基本金利を2%で維持=CNIなどが歓迎の意表明

中央銀行(Marcello Casal Jr./Agencia Brasil)  中央銀行の通貨政策委員会(Copom)が20日、経済基本金利(Selic)を年2%で据え置く事を全会一致で決めたと同日付現地サイトが報じた。金利据え置きは3会合連続だ。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録 ...

続きを読む »

《ブラジル》中銀通貨政策委員会は景気回復緩やかと予想=基本金利引き上げは来年後半か

 15日に中銀通貨政策委員会(Copom)の議事録が発表され、景気回復は緩やかと見ている事や、経済基本金利(Selic)の引き上げ再開を検討している事が明らかになったと同日付現地サイトが報じた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》中銀が経済活動指数発表=10月は0・86%成長

経済活動指数上昇について報じた14日付エスタード紙の記事の一部  中央銀行が14日、10月の経済活動指数(IBC―Br)は前月比で0・86%成長したと発表したと同日付現地サイトが報じた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》難しいSelic判断=インフレ抑制と景気高揚の狭間で=かさむコロナ禍対策費の重み

困難なかじ取りを求められている中銀のカンポス・ネット総裁(18日付エスタード紙電子版の記事の一部)  【既報関連】コロナ禍に伴う種々の対策費と経済活動低下が基礎的財政収支の赤字増額を余儀なくする中、緊急支援金の減額と食料品を中心とするインフレが庶民の購買力低下を招き、第4四半期の経済は減速との予想も出始め、経済基本金利(Seli ...

続きを読む »