ホーム | 食・音楽 | グルメ情報 | 禁断の味の魚を食べさせる店 『Rancho da TRAIRA』
入口
入口

禁断の味の魚を食べさせる店 『Rancho da TRAIRA』

 「禁断の味の魚を食べさせる店がある」という噂を聞いた読者から、「確かめてほしい」との通報を受けた。しかも「店主は日本人だが日本食ではない」らしい。いったいどんな〃禁断の味〃が待ち受けているのか。さっそく忍者ぐるめ隊出動だ!!
 メトロのアナ・ローザ駅から坂を下って徒歩10分、公園わきにその店はあった。店の内装はまったく日本らしくないが、一隊員がさっそくトイレに潜入後、「なぜか通路に日本移民80周年や舞踏の大野一雄ブラジル公演のポスターがある」と驚くような報告をした。一体何者だ…。

ピラニアのスープ

ピラニアのスープ

 メニューを開くと「ピラニア・スープ」(16・50レアル)やら、「ピラニアの姿揚げ」(100グラム当たり7・5レアル、通常は1匹400グラム前後)が。「や、やばい!」珍魚喰いの日本人には堪えられない一品、ピッピッピッピッピッ――――と忍者警報が全開だ!
 思わずスープを注文すると、香味野菜とじっくり煮込んだもので、ピラニアの身も小さなツブツブとなって混ざっている。小骨が多く身が少ない魚で、食べるのは大変だが、パンタナール地方では「スープが精力剤がわり」と聞く。すすると思いのほかコクのある味で、浜松名産「夜のおやつ・うなぎパイ」より精力が〃突き〃そうだ。

魚のシュラスコ

魚のシュラスコ

 ピラニアの姿揚げに未練を残しつつ、密告があった噂の一品「Pintadono Espeto(ピンタードの串焼き)」(72レアル)を注文する。出てきた姿をみて「こ、これは魚のシュラスコだ」と唸る。ピンタードといえば「ブラジルの川魚の王様」じゃないか。それが炭火でじっくり焼かれている。一同顔を見合わせ、ごくり、とつばを呑む。
 まず毒味役が一口いただく。「脂ののり方が尋常じゃない…、この味はまるで肉。もしやニセモノか!」。隊員一同、瞬時に内ポケットに潜ませた手裏剣に手が伸びる。だが「やはり魚だ」との結論に達し、一斉にむさぼりつく。
 店員に店主名をこっそり聞くと、戦後移民の坂口功治さん(福岡)とのこと。80~90年代にポ語俳諧雑誌『Portal』をやっていた有名人だ。道理であんなポスターが貼ってある訳だと納得。
 途中から「脂乗り過ぎかも…。今晩胃がもたれそう」との弱気の牽制論も強まるが、「美味いからOK~!」と結局は完食! なお、店名の元にもなっている一押し料理は「トライーラ(雷魚)のから揚げ」(小サイズは50レアル前後から)で、家族全員でつつける量だ。
 〃禁断の味〃は本当だった。さっぱりした寿司や刺身の対極にあるのが、この川魚専門店?!

◆ Rancho da TRAIRA

【営業時間】(昼食)月~金=正午~午後3時、土=正午~午後4時、日・祝日=正午~午後5時、(夕食)火~木=午後6時~11時、金~土=午後7時から深夜0時
【住所】Rua Machado de Assis, 556 –SP
【電話】 (11) 5571-3051
【サイト】www.ranchodatraira.com.br

 

「忍者ぐるめ隊」欄は、本紙記者が市内レストラン等をこっそりと〃お忍び〃で訪れ、日本人の視点から味・接客対応・トイレの清潔度をチェックして、ばっさりコメントするコーナーです。評価欄は、手裏剣1つは「普通」、2つは「旨い」、3つは「最高」で、〃要注意〃には爆弾マークが付きます。(《註》なお、この欄はほぼ冗談です。お店の方、本気にしないで)

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • この概観も、アフリカ風2014年6月20日 W杯特集「戦うにはまず敵を知れ!」 アフリカ料理『Biyou―Z』  日本代表の初戦(14日)の相手は通称〃エレファンツ(象)〃こと、コートジボアール(ポ語コスタ・デ・マルフィン=象牙海岸)。ここで一勝をあげれば、後が楽になる。是が非でも〃食って〃やりたい相手だ。彼らの武器は身体能力の高さだとか。察するに主食は肉、きっと味付けも野生的に違い […]
  • ビラード・ア・アパウリスタのようなバンデハ・パイサ2014年6月20日 W杯特集「戦うにはまず敵を知れ!」 コロンビア料理『Guanahani』  25日にクイアバで対戦するのは、南米予選を2位で突破し4大会ぶりのW杯出場となる強敵コロンビア。この試合で決勝リーグ進出かどうかを決める、天下分け目の一戦になる可能性が高い相手だ。 人口・経済ともに堂々南米3位、有数のコーヒー産地でもあるが、内戦、コカイン、殺人…など危険 […]
  • 実物を見ながら注文する2014年6月20日 W杯特集「戦うにはまず敵を知れ!」 ギリシア料理『ACROPOLES』  20日に控える第二戦のお相手ギリシャは、FIFAランキングではなんと12位。48位の日本を軽くしのぎ、代表選手らは身長が高く屈強な、ギリシャ彫刻のような体格の持ち主ばかり。もし一戦目が引き分け(敗北は想定外)の場合、3戦目の強豪コロンビアに比べれば、ここで何とか一勝したい […]
  • 新鮮なちらし寿司2013年12月6日 フォーリャ紙「最高の新日本食レストラン」『勘』 いよいよ「忍者グルメ隊」初出動だ! 日本の農水省は以前「スシポリス」を出動させて、海外に蔓延するニセ日本食に判定を下そうとしたが、ブラジルでは我々民間が勝手に出動だ。こっそり食べて判定を下すゾー。 最初の標的にふさわしい店を探すと、開店1年にも満たないのに早速フォーリャ紙で「最 […]
  • 迷品のラーメンと刻みネギがのるカレー2014年5月9日 謎の老舗日系レストラン『SATO』  これはバールなのか、レストランなのか――それが問題だ…。一説には600以上も日本食を出す店がサンパウロ市にはあるといわれる中でも、バール的店舗は珍しい。50種のメニューには「果たして日本食かと首をかしげるものがある」と聞き、怪しい一品を食すべく早速出動だ!  店の看板メ […]