ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=軍警がゴミ回収者を殺害=過剰な自己防衛が原因

サンパウロ市=軍警がゴミ回収者を殺害=過剰な自己防衛が原因

 12日夜、サンパウロ市西部ピニェイロスで軍警がゴミ回収者を銃殺する事件が起き、近隣住民や路上生活者が翌日、激しい抗議活動を行った。14日付現地紙が報じている。
 殺害されたのはリカルド・シウヴァ・ナシメントさん(名前はメディアにより違いがある。通称ネゴン、39)で、12日夜、軍警に胸を2発撃たれて亡くなった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ