ホーム | 日系社会ニュース | サンロッケで強盗事件多発=計画的犯行、飼い犬に毒盛る

サンロッケで強盗事件多発=計画的犯行、飼い犬に毒盛る

 聖州サンロッケ市で強盗事件が相次いでいる。7月17日午後6時頃に日系夫婦が被害に遭い、怪我はなかったものの、現金や貴重品、スポーツ道具などを取られていたことがこのほど分かった。近隣一帯では同様の被害が多発している。
 夫婦が孫と敷地内の別宅で寛いでいたところ、突然、猟銃の音がした。壁に2発ほど着弾し、2人組の強盗が家の中に闖入してきた。
 「金を出さないと殺すぞ」と脅された夫婦は素直に現金を渡し、3人はサロンの真ん中に集められた。強盗の1人が金品を求め家の中を荒らしまわり、もう1人は見張りをしつつ携帯電話で何度も連絡を取るなど、外にも別に見張りがいるようだった。
 2時間がかりで、強盗は車やテレビなど電化製品、スポーツ用品、服飾品、ガスボンベなど、金目のもの一切合財を積み込んだ。
 去り際には「俺達のグループは200人いる。仲間に何かあればすぐに復讐に来るからな」と脅しの捨て台詞を吐いて出て行った。
 同夫婦によると、翌日返ってきた車の諸手続きのために警察署に行くと、同様の強盗事件の被害者が20人も列をなしていたという。
 事件の3日前には何者かによって、自宅の飼犬に毒入りの肉が与えられていた。「なんとか一命は取りとめたが、とても計画的な犯行だと思う。最近では毎日のように起きている。警察も人通りの多い場所で身分確認をするなど捜査をしているようだが、まだ逮捕されていない」と戦々恐々とした様子で、同市周辺に住む人に注意を喚起した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 援協定例会、与儀会長続投=10月は1千万レの黒字に2018年11月28日 援協定例会、与儀会長続投=10月は1千万レの黒字に  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「11月定例役員会」を22日午前、援協本部ビルで開催した。  議事報告では、10月27日に開催された定期評議委員会にて、二期目となる与儀会長続投が決定し、来年度予算、事業計画が承認されたと報告。与儀会長は「新大統領のもとで、ブラジルが […]