ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(13)

どこから来たの=大門千夏=(13)

 いつだったかバンコックの街で、切った街路樹の枝を、象が軽々と鼻で束ねてくるくると巻きあげ、上手に背中に乗せ、次々と積みあげている光景を見たことがある。瞬くうちに積み終えると何処かにゆったりのっそりと遠のいていった。
 あの象一頭の方がずっと早く正確で、木と機械より、木と象のほうが人間の生活にぴったり調和しているのを見て、なぜか安らぎさえ感じたことなどを懐かしく思い出した。
「可哀そうにな、皆、白アリに食われてしまって、中は空っぽだ」市役所の人だろうか、五〇歳くらいの背の低い小太りの男が傍に立って言った。
「何年くらい経ってるの?」
「八〇年かな、白アリにやられなかったら二〇〇年は生きるんだ。アマゾンなら二〇〇年生きてるよ」。幹の下の方は完全に空洞で、樹皮だけでこの大木を支えていたのだ。
「これ以上背が高くなるの?」
「いや、このくらいだ。これ以上は高くならん」男は空を見上げた。ぽっかりと大きな青空が広がっていた。
「誰か怪我をしたの?」
「ん? だれも」
 そんなはずはない。あの血では相当の怪我だろう。傍に大きな電気ノコを持った色の白い若い男がぼんやりした目をして座っていた。これを使って八〇年の命が二分で終ったのだ。
 ふと見ると、上のほうの株は白蟻に食いつくされていないので、幹の年輪がはっきり見える。切り口から一㎝上の部分にぐるりと、真っ赤な樹液が滲みだしている。どう見てもまるで血の色だ。
「これは何?」
「泣いているんだ。ホラ、木は切ったら泣くだろう」
「でもこの赤いのは?」
「うん。この木は血を出すんだ。人間と同じだよ」
 見る見るうちに水滴は、大粒の涙のようになって、ほとばしっている。手でさわると粘っこくて、ミカン色がかった赤色だった。樹液と言うのは透明な液体だとばかり思っていたが、この木は真っ赤な色をしている。人間の血と同じ色をした樹液があるなんて。
「残っている根っこはどうするの?」
「これも引き抜くんだ。でも又ここに同じ木を植える。三〇年もしたら立派になるよ」
 三〇年――私は幾つになっているのだろうか、その時はもう見あげることは出来ないのだ。天空から見下ろしている私。
 その木の下を子犬をつれた曾孫が通りかかる。私の事は知らないし、想像することもないだろう。三〇年――でも木は今と同じようにここに立って、日陰をつくり、街の人に感謝され、じっと曾孫
達を見守ってくれるにちがいない。
 三〇年――世界は平和に穏やかに進んでいるのだろうか。     (二〇一三年)

幸せのひととき

 玉手箱を持っている。
 と言っても、これは古びた段ボール箱。
 何を隠そう。中身は発掘品の石斧、石の刃物、矢じりなどのコレクションで、ほとんどがブラジル・インジオの作品だ。
 この玉手箱からはエネルギーという煙が出ているらしく、開けるたびに石器時代の世界に舞い戻って、若返った気分に浸る。
 一つずつ取り出して両手で撫でて、この冷たい感触に満足する。この素朴な品一つ作るのにどれだけの時間と神経を集中してきたことだろう。
しかしわが娘は事あるごとに「こんなものがねー物好きねー」と軽蔑を込めて揶揄する。

こちらの記事もどうぞ

  • どこから来たの=大門千夏=(25)2018年1月20日 どこから来たの=大門千夏=(25)  それからというもの、度々広島県人会に顔を出しておしゃべりした。いかにも善良そうな笑顔の良いおじさんでコロニアの昔話が得意で、なんでもご存じだった。  あるとき、五コント札を小さくしたいけど、どうしたらよいか聞いた。 「すぐ近くのあの角のバールに行ったら、カイシャ(出納係) […]
  • どこから来たの=大門千夏=(23)2018年1月18日 どこから来たの=大門千夏=(23) 「あんた達はみんなうちのお客さんよ。ちゃんと払ったんだもの、すごい事だね」と言うと、頬を緩め穏やかな目をして「チアありがとう」とお礼まで言ってくれた。  どこにでもいるごく普通の男の子達なのだ。思わず昔、祖母が「良い子だねえ」と言ってしてくれたように頭を撫でてあげたい衝動にか […]
  • どこから来たの=大門千夏=(24)2018年1月19日 どこから来たの=大門千夏=(24)  胸がドキドキ。  遠巻きにそっと鍋から離れると、あとは、後ろも見ないで洗面所に駆け込んだ。気持ち悪く吐き気までする。あのしわしわの手がおっかけてくるようで、しっかりと鍵をかけて鍋を触った手をごしごし洗った。  ブラジルの人はこんな恐ろしいものを平気で食べるのかしら。   […]
  • どこから来たの=大門千夏=(20)2018年1月13日 どこから来たの=大門千夏=(20)  それを見た友人は「ブラジルでは食べ物を持って帰ることは恥です。貴女のしたことは恥ずかしい事ですよ」ときっぱりと言いはなち、その上「ブラジルでは食べ物を持って帰るなんて習慣はありません。あなたのしたことは大恥です」と再度言われて恐れ入ってしまった。  食べ物を持って帰ることが […]
  • どこから来たの=大門千夏=(22)2018年1月17日 どこから来たの=大門千夏=(22) 「テニスがいるんだ」顎をしゃくっていきなり言った。自分たちの要求を聞くのは当たり前と言った横柄な態度。 「ここはバザーだから何時でも売りますよ。一足二レアル」鉄格子の内側から大声で怒鳴った。よく見ると意外と小奇麗なTシャツを着て、半ズボンにゴムぞうり姿。しかし顔や手足は汚れて […]