ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》W杯の経済効果は203億レアル?=6千万人が関連商品やサービス利用

《ブラジル》W杯の経済効果は203億レアル?=6千万人が関連商品やサービス利用

 クレジット保護サービス(SPCブラジル)と全国商店主連合(CNDL)が全国の州都と首都で行った調査によると、ブラジル国内では6千万人がワールドカップ(W杯)関連商品を購入したり、サービスを利用したりすると見られ、その経済効果は203億レアルに上る見込みである事が判明した。
 18歳以上を対象としたアンケート調査に応じた回答者1061人中、W杯を観戦したり、関連商品やサービスにお金を使ったりするつもりはないと答えたのは、全体の25%のみだった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ショッピングセンター、ストとW杯で客数減少=ブラジル代表の試合日は早仕舞い2018年7月4日 《ブラジル》ショッピングセンター、ストとW杯で客数減少=ブラジル代表の試合日は早仕舞い  ブラジルショッピングセンター協会(Abrasce)の最近の発表によると、今年5月に同協会加盟の570以上のショッピングセンターを訪れた客の数は、昨年5月より平均2・3%減少したと、3日付現地紙が報じた。  ショッピングセンターを訪れた客数は、今年1月から4月まで連続で前年同 […]
  • 《ブラジル》道路はガラガラ、小売がた落ち=W杯のブラジル代表の試合日2018年6月26日 《ブラジル》道路はガラガラ、小売がた落ち=W杯のブラジル代表の試合日  ロシアでのW杯でブラジル代表チームが試合を行う日は、公共機関も業務を停止したりしているが、第2戦が行われた22日の午前中は、道路もガラガラで、小売はがた落ちだったとのデータが発表された。  シエロと呼ばれる会社の携行用カード読取機の使用場所や使用回数などを基にし、競合会社の […]
  • 伯国で飛躍目指すナイキ=W杯やリオ五輪で躍進か2013年12月3日 伯国で飛躍目指すナイキ=W杯やリオ五輪で躍進か ニッケイ新聞 2013年12月3日  スポーツ用の靴やユニフォームなどで知られるナイキが、2014年のサッカー・ワールドカップや2016年のリオ五輪を利用して、今後5年間のブラジルでの販売額倍増を目指している。 […]
  • 《サンパウロ市》そっくりさんが揃ってW杯応援=各試合3千レアルの報奨付2018年6月23日 《サンパウロ市》そっくりさんが揃ってW杯応援=各試合3千レアルの報奨付  ロシアでのW杯がたけなわだが、サンパウロ市中央部のバールでは、ネイマールらのそっくりさんが集まり、応援に来る人達を喜ばせている。  ブラジル対コスタリカの試合が行われた22日朝も、ネイマール、マルセロ、ガブリエル・ジェズス、フェリポン、ペレ、ライー、ロマリオ、ロナウジーニョ […]
  • 《ブラジルサッカー》ブラジル代表が日本に快勝=前半3点で後半は控え中心に2017年11月11日 《ブラジルサッカー》ブラジル代表が日本に快勝=前半3点で後半は控え中心に  フランスのリールで行われたサッカーの親善試合で、ブラジル代表(セレソン)が日本代表を3―1で下した。10日付現地紙サイトが報じている。  セレソンの召集選手はW杯南米予選とほぼ同じだったが、この日は通常控えのメンバー6人が先発。対する日本も、国際的な知名度の高い岡崎(レスタ […]