ホーム | 連載 | 2013年 | 第3回南米婦人会の集い=〃りんごの里〃で交流を

第3回南米婦人会の集い=〃りんごの里〃で交流を

第3回南米婦人会の集い=〃りんごの里〃で交流を=(終)=盛んに交流、充実の笑顔=涙の合唱、再会を約束

ニッケイ新聞 2013年12月17日 [caption id="" align="alignleft" width="195"] 涙と笑顔に包まれたフィナーレとなった[/caption]  翌日は午前8時半から、日本勢3人による「農産品加工講習会」なる料理教室、手芸品紹介が行われた。箱ずし、こんにゃくカツ、即席味噌作り、エコバッグ、三角巾、折り紙でのコマ作りなどをレクチャーし、一同...

ニッケイ新聞 2013年12月17日

涙と笑顔に包まれたフィナーレとなった

涙と笑顔に包まれたフィナーレとなった

 翌日は午前8時半から、日本勢3人による「農産品加工講習会」なる料理教室、手芸品紹介が行われた。箱ずし、こんにゃくカツ、即席味噌作り、エコバッグ、三角巾、折り紙でのコマ作りなどをレクチャーし、一同は熱心に耳を傾けた。
 ボリビアの池田さん、浅野さんは「帰路でシウダーデ・エステに寄り、フードプロセッサーなど、調理機材を買い揃えたい」、アルゼンチンの林さんは「エコバッグ、頭巾は私たちの地区でも真似できそう」と、それぞれ地元への思いを馳せる。自分たちの日系地区で何ができるかを考えながら学ぶ姿には、強い地元愛が感じられた。
 集会の最後には全員で肩を組み、童謡「今日の日はさよなら」を合唱。お互いの絆を確かめ合うように、熱を込めた斉唱には、感極まり涙を流す人も。固い抱擁で再会を誓った。
 興奮冷めやらぬうち、日本からの参加者はそれぞれ、「日本が小さく見えた。もっと頑張りたい」(伊藤さん)、「積極的で活発。文化を守る力を感じた。もっと日本人が日本人らしく生きねば」(茂木さん)、「パワーを感じた。人と人のつながりを大切にしたい」(村上さん)と感想を語った。
 過去3回全ての集いに参加したADESCの栖原さんは、「これまでは開催地中心の交流だったが、今回は参加国全てに行き届いた素晴らしい内容だった。会場規模もちょうどよく、充実した交流ができた」と笑顔を見せ、パラグァイの前原さんは「意見交換が盛んで、3回目が一番充実していた。何よりも刺激を受け、自国に持ち帰って有意義なものを伝えたい」と意気込んだ。
 午後からは、サンジョアキン名物のりんごを使ったジュースと、ワインの工場へ。キズ対策に水流コンベアーを用いたフランス式の大規模設備を始めとした出荷作業や、ワイン貯蔵庫を見学し、6、7本ほどの洋酒試飲を楽しんだ後は、併設される直売店で土産品購入を楽しんだ。
 サンジョアキン婦人会からはさらに、りんご、ジュース、ワインをセットにした詰め合わせまで用意されるなど、至れり尽くせりの歓迎だった。
 夕方、同地を発つ際には、大きく手を振る地元の見送りを受け、帰路に着いた。「また会おう。そう思っている限り必ずまた会える」そんな言葉を交わしながら—。(おわり、小倉祐貴記者)

続きを読む »

第3回南米婦人会の集い=〃りんごの里〃で交流を=(3)=日本の取り組みに関心高く=サンジョ婦人会がおもてなし

ニッケイ新聞 2013年12月14日 [caption id="" align="alignleft" width="195"] 日本から参加した(右から)村上さん、茂木さん、伊藤さん[/caption]  ADESCからは栖原マリーナさんらが「コチア組合崩壊当時、75支部、1500人ほどの婦人部員がおり、ADESCはすぐ結成された」と創立経緯を話し、「現在12支部。93歳の最年長...

ニッケイ新聞 2013年12月14日

日本から参加した(右から)村上さん、茂木さん、伊藤さん

日本から参加した(右から)村上さん、茂木さん、伊藤さん

 ADESCからは栖原マリーナさんらが「コチア組合崩壊当時、75支部、1500人ほどの婦人部員がおり、ADESCはすぐ結成された」と創立経緯を話し、「現在12支部。93歳の最年長者もおり年1回の全体親睦会にも参加する。何を行うかが大事でなく、一同が集まることに意味がある」と強調した。
 2010年度「にっけい文芸賞」で受賞した、法人登録十周年記念誌『絆』にも触れ、「ほかに対象作がなかったから」と冗談交じりに謙遜しながらも、「私たちにとっては宝物であり自慢。現在はポ語での新たな本の出版作業を進め、原稿を用意している最中」と報告した。
 またヴァルジェン・グランデ・パウリスタ支部は、「若い世代も加わり、新たに塩麹、米粉ケーキの販売を行っており順調」、カッポン・ボニート支部は「じゃがいもの種子研究や、テクノロジーによる精密農業を行っており、収穫量やコストなどを分析、管理し、抜群の経済効果をもたらしている」と充実した活動を伝えた。
 サンタカタリーナ州フレイロジェリオ市のラモス移住地からは文協婦人部が参加。「今年初めて非日系の役員も生まれた。来年は入植50周年。剣道、生け花などの文化活動に加え、観光事業により力を入れたい」と今後の展開を示した。
 開催地からはサンフジ会長の清水マルガレッチさん。「『サンフジ会』は意見交換、お茶の時間を楽しむことなどを目的に、農協組合員の奥さんを中心に約45人で発足した。掛け持ちの農協婦人部としても、直売所を拠点にりんごのジュース、ジャム、ようかんなどを生産、販売している。姉妹州県の青森と手を取り合い、県連日本祭りにも出店している」と紹介した。
 三重県から伊藤和子さん(58)、群馬県から茂木(もてき)和子さん(58)、岩手県から村上祐子さん(65)が活動報告を行った。
 三重北農業協同組合(JAみえきた)の支部で女性部の部長を務める伊藤さんは、「米消費の拡大と、桑名市長島町の郷土料理の『箱ずし』を盛り上げよう」と、05年に立ち上げた「すし工房なばな」を紹介、これまでを振り返った。
 3年目の07年には、食アメニティコンテストで農林水産大臣賞という表彰を受け、「予期せぬ驚きの結果だったが自負している。平均年齢68歳、今まさに働き盛り」と力を込めた。
 農業を通して地域の活性化を目指す団体、「甘楽(かんら)富岡農村大学校」の茂木さんは、「地産地消、有機栽培、農薬低減をテーマに、値段が高くても、安全で上質の生産物が必要。地域と農業を元気にするための地域ブランド「純愛」によって、地元生産者の支援や、JICA研修生の受け入れも行う」と話し、民間団体から、農の学び舎として国際交流する様子も伝えた。
 最後に、JAいわて中央の盛岡地域から女性部を代表し村上さん。「00年にオープンした産直『あいさい館』で、商品を出品する地域住民は生き生きと生活している」様子を伝えた。
 その後は6組に分かれグループ・ディスカッション。各組織や地域の展望、次回に向けての話し合いがなされた。
 初日を終え、会場を移しサンジョアキン日本人会での親睦会へ。同婦人会による食事、お酒のおもてなしを受ける中、バイオリン演奏や沖縄民謡の披露、ジャンケン大会、童謡「ふるさと」の合唱をもって充実の一日が終わった。(つづく、小倉祐貴記者)

続きを読む »

第3回南米婦人会の集い=〃りんごの里〃で交流を=(2)=各国代表者が現状を報告=熱心に耳傾ける参加者ら

ニッケイ新聞 2013年12月13日 [caption id="" align="alignright" width="195"] 日本からの婦人ら(左側)を温かく迎え入れ[/caption]  「成人式や沖縄相撲の角力大会、高齢者福祉事業に参加・協力し、食品提供などの活動をしている」と説明するのは、ボリビア・オキナワ移住地の比嘉シズエさん。今年入植59年目を迎え、253世帯、約900人が住む。オ...

ニッケイ新聞 2013年12月13日

日本からの婦人ら(左側)を温かく迎え入れ

 「成人式や沖縄相撲の角力大会、高齢者福祉事業に参加・協力し、食品提供などの活動をしている」と説明するのは、ボリビア・オキナワ移住地の比嘉シズエさん。今年入植59年目を迎え、253世帯、約900人が住む。オキナワ日本ボリビア協会の婦人部は3地区計173人で構成されている現状もあわせて報告した。
同国サンファン移住地の池田節子、浅野ミユキさんは、約750人、230世帯からなる移住地を紹介。「主な産物は水田米。1ヘクタールあたり5トンという収穫量に関心を持ったエヴォ・モラーレス大統領が今年の10月に視察へ訪れたほど」と話した。
参加者からは、著しい成長ぶりに驚きながら「染物を商品化する新たな挑戦も素晴らしい」と賞賛の声が聞かれた。
アルゼンチンからはリオ・ネグロ州の林ラウラさん。「サンジョアキン同様のりんご産地。約20家族が住んでいるが、世帯間の距離が離れており集まりは乏しい」と現状を説明した。
関係者からは「アンデス山脈の水を引き、灌漑に使うなど、うらやましい環境だが、販売ルート確立ができなかったことが障害となったのでは」「地域活性のため、次回の集いはぜひ亜国で」という声もあった。
14人が参加したパラグァイからは、婦人会連合会を代表しアスンシオンの前原なおみさんが発表に立った。3年前、全パラグァイ婦人部の会長職に就いた際、近隣諸国婦人との交流・親睦会の必要性をCKCに持ちかけたことを明かし、「早々に念願が叶って、第1回ボリビア開催が実現した。これも女性のパワーです」と力を込めた。
「婦人部加入を避ける若い世代もいる」との悩みを明かしながらも、「ママさんバレーなどをエサに勧誘している」と笑わせた。
パラナ州ロンドリーナに本部を置くインテグラーダ農協の青年部から、リビア・レジーナさんは「農協婦人部は600人の加盟。青年部としては、婦人部と連携し、女性同士の身近な付き合いによって、家庭・仕事にもよい影響を与えるべく活動している」と分析も含めた活動を紹介。
続いて、パラー州トメアスー農協婦人部の松崎マリア副部長は、貧困層への慈善活動、直売所など婦人らが活躍する場が確保されていることを挙げ、積極的な活動の様子を伝えた。「なんでもない家庭のおかずや農産物が売れて、主婦たちは販売活動に大忙し。ADESCにも負けない」と意気込みを見せた。
活気のある地区もあれば、そうでないところも。逆境を笑いに変える、親身になって相談にのる、そんな部分が婦人パワーの真髄だろう。
▼  ▼  ▼
1974年、りんご産地としてサンジョアキン市への入植が始まる。当初は、コチア産業組合中央会が主体だったが解散となり、残された生産者によって「サンジョアキン農協組合」が結成される。今年で20周年となり、来年の入植40年と合わせ節目の時期を迎えている。組合の日系人は95%に上り、彼らによって主にりんご、梨、ワイン用のブドウが生産されている。(つづく、小倉祐貴記者)

続きを読む »

第3回南米婦人会の集い=〃りんごの里〃で交流を=(1)=雷雨、停電、ものとせず=婦人らの平常心に脱帽

ニッケイ新聞 2013年12月12日 [caption id="" align="alignright" width="195"] 再会喜ぶ熱い抱擁も[/caption]  〃りんごの里〃サンジョアキン(サンタカタリーナ州)で11月12、13の両日、『第3回南米婦人会の集い』が行われた。「中央開発株式会社(東京都新宿区)のブラジル事務所(CKC、山口達朗所長)の主催。農協婦人部連合会(ADESC、...

ニッケイ新聞 2013年12月12日

再会喜ぶ熱い抱擁も

 〃りんごの里〃サンジョアキン(サンタカタリーナ州)で11月12、13の両日、『第3回南米婦人会の集い』が行われた。「中央開発株式会社(東京都新宿区)のブラジル事務所(CKC、山口達朗所長)の主催。農協婦人部連合会(ADESC、上芝原初美代表)などのブラジル組を中心に、アルゼンチン、ボリビア、パラグァイ、そして日本からも3人が参加。計65人が交流を深めた。それぞれが取り組みや現状を発表、今後の婦人部発展に繋がる意義深い集まりとなったようだ。

参加者は聖市チエテ長距離バスターミナルに、11日深夜に集合し、近隣諸国の参加者と合流するため、一路パラナ州クリチーバ市へと向かう。
夜行バスによる移動の疲れを見せない婦人らは、早速市内観光へ。W杯など国際大会に向け、建設拡大が進められる長距離バスターミナルの近くにある植物園、市立市場などを訪問した。途中雷雨に見舞われ、なんとバスが雨漏れするハプニングも。
宿泊施設を兼ね備える今回の拠点、「EPAGRI(サンタカタリーナ州農牧研究普及公社)」と、別ホテルに分かれ、ようやく腰を落ち着かせた。そしてこの日最後に待っていた災難はEPAGRIの電力不足。シャワーはお湯が出ない状態もあったようだ。
困難がまとめて降り注ぎ、ほぼ移動だけに費やした一日だったが、「こんなこともあるさ」といなす婦人らの精神力に記者は脱帽。
翌日午前8時から始まった集いの前には、国外の婦人らを温かく迎える光景があちこちで見られた。ADESCで長年、指導員を務める栖原マリーナさん(71、二世)と、開催地サンジョアキン農協組合員の婦人らでつくる「サンフジ会」の清水マルガレッチ会長らが熱い抱擁。マリーナさんいわく、「コチア解散以来、20年ぶりの再会」とか。
電力不足が続いているという同移住地。点滅を繰り返す照明のもと、各地からの現状報告が始まった。
▼  ▼  ▼
農水省による毎年の公募で、CKCが2011年から「中南米日系農業者連携交流委託事業」を行っている。目的に「移住関係国における日系農業組織の連携強化」、「技術交流」、「農業交流関係の維持・発展」を置く。取り組みの一つ、「日本農業関係者の移住地交流研修」を利用する形で、日本からの3人が参加した。(つづく、小倉祐貴記者)

続きを読む »