ホーム | 連載 | 「でも、ブラジルは良い国!」 | 「でも、ブラジルは良い国です!!!」=サンパウロ難民移民座談会=大浦智子=<第14回>=伯人はこの国の良さ分かってない

「でも、ブラジルは良い国です!!!」=サンパウロ難民移民座談会=大浦智子=<第14回>=伯人はこの国の良さ分かってない

カルロスさんとパートナーのマリフェルさん

カルロスさんとパートナーのマリフェルさん

――ブラジルでの生活と本国の良かった時を比べて、良いと感じること、悪いと感じることは何ですか?
【カルロス】ベネズエラとブラジルを比較すると、政治と社会について言えば、ほぼ同じ構造です。ブラジルで常に気がかりなことの一つは、残念ながらブラジル人がとても不満を言うことです。
 多くの人がまだブラジルの持つ価値を理解していません。私はこんなことを尋ねるブラジル人に出会いました。「ブラジル人であることを恥じる人々がいる世界最悪のブラジルを、どうして選んだのですか?」と。
 ブラジルは素晴らしい国なので、彼の質問にとてもショックを受けました。私たちはスイスにはいませんが、ベネズエラにはないものや、良い状況があり、とても豊かな国であることを考えなければなりません。
 ですから、このブラジル人は価値を下げ過ぎだし、不満を言い過ぎだと思います。主張するのは自らの権利と義務を守るのに良いと思いますが、少し大げさであると思います。
 ベネズエラに戻れば、スーパーに入るまで5時間待たなければなりません。列に並び、番号を腕に付けて、商品を手に取ります。だから、私が最も印象に残っているのは、ブラジル人は自分の国を尊重していないということです。
 ブラジル人は恥じていますが、そうあるべきではありません。ラテンアメリカの多くの国はブラジルにあるものを持っていません。それはブラジルの人々であり、石油や経済。ブラジルは豊かな国なのに、残念ながら、人々は自分の手元にあるものをどう評価するかを分かっていません。今日、物事に価値を見出さないブラジル人が多いように思います。

NGOのセスタ・バジカ配布のプロジェクトを進めるアブドゥルさん

NGOのセスタ・バジカ配布のプロジェクトを進めるアブドゥルさん

【アブドゥル】まず、民主主義。ブラジルでは意見が言えます。シリアは独裁政権で、政治的意見を表明すれば死刑です。ここブラジルでは意見を言う事ができます。私の政治的意見を表明することができます。
 また、シリアでは金融市場と富が政府に集中しています。ブラジルでは、市場がより開かれています。市場は自由です。国の富に関して、すべてのセクターを政府が完全に支配しているわけではありません。ですから、ここブラジルでは、戦う人は無限に成長することができます。シリアでは、あらゆる面で政府の干渉があります。 
 ブラジルのネガティブな点は、「宣言も登録もされていない戦争」があることです。例えば、ブラジルで亡くなっている人の数は、他国での戦争と比較しても、衝撃的な数値データがあります。暴力や強盗、その他あらゆる原因によって引き起こされている死者数。
 ここには「宣戦布告のない戦争」があると私の目には映ります。完全に安全な国ではないようです。ここは神だけです。私たちは天使と神に守られていなければ、ここの社会は危険なので死ぬでしょう。シリアではそのような攻撃はありませんでした。

アブドゥルさんが組織した多国籍の人々のショーイベント

アブドゥルさんが組織した多国籍の人々のショーイベント

 警察は非常に厳しいです。寒さと飢えで死ぬ人々もブラジルにはいます。コロナウイルスのせいではありません。私はこのようなことをシリアでは見ませんでした。シリアでは平和がないにも関わらず、寒さや飢餓、ホームレスで亡くなる人はいませんでした。
 もちろん、ブラジルのポジティブな面も感じています。ブラジルは多様な文化によって成り立っている国の一例です。自然も人間も動物も多様性に富んでいます。とても豊かな国です。
 今日、智子さんが日本語なまりのポルトガル語を話さなければ、ブラジルでは彼女が日本から来たことに誰も気づかないでしょう。彼女がブラジルで生まれた日本人女性であると思うでしょう。彼女になまりがあるので、ブラジルの人々は彼女が外国から来たことに気づきます。
 彼女の息子は完全にポルトガル語を話します。ブラジルでは彼はブラジル人だと言うでしょう。彼は日本人ではなく、ブラジル人です。私がアラブなまりで話すと、ブラジル人でないと言われるでしょう。それで外から来たと分かります。
 これがブラジルの美しさです。私が話さなければ、私がブラジル人でないことに気づきません。私がドイツに行けば、ドイツでは言われるでしょう。「この短くひげを生やした男はドイツ人ではない」と。私は青い目をした金髪ではありません。
 ここにブラジルの美しさがあります。美しさは、その多様性、豊かさ、その他多くの細部にわたるものです。とても愛すべき国です。ブラジルの人々は人をよく受け入れ、人と関わり合うのは簡単です。ヨーロッパ大陸や他の社会、日本人ともオープンに関係を持つことは困難ですが、ブラジルの人々は親しみやすいです。(続く)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》大気汚染が51%減少=コロナでバスの本数減で2020年9月23日 《サンパウロ市》大気汚染が51%減少=コロナでバスの本数減で  エネルギー環境研究所(Iema)が22日、パンデミックのせいでバス運行本数が減ったため、サンパウロ市の二酸化炭素排出量が52%も減ったと発表したと同日付現地サイトが報じた。  国際ノーカーデーにちなんで発表されたのは、4月の平日の大気汚染の状態を、パンデミック前の2月の平日 […]
  • 東西南北2020年9月23日 東西南北  新型コロナウイルスの感染爆発の最中に評判が上がった企業のひとつに、家具や電子電気機器の小売業者マガジネ・ルイーザがある。これまでも、「外出自粛期間中の従業員解雇なし」「ネット販売の送料無料」「コロナ対策への巨額寄付」などが話題となっていたが、同社は現在、「黒人のみを対象とした […]
  • JICA=日系社会リーダー育成事業=中南米研修生25人参加(下)=新時代の統率力とは2020年9月23日 JICA=日系社会リーダー育成事業=中南米研修生25人参加(下)=新時代の統率力とは  最終日にクリーク・アンド・リバー社の松永雄さんが、日本文化として世界で広く普及される「アニメ」を中心にポップカルチャーを紹介。日本だけでなく海外人気も高い「ワンピース」「ナルト」「鬼滅の刃」などでも作品中でリーダーシップについてわかりやすく描かれているそう。スライドに […]
  • 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に2020年9月22日 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に  2年に一度、サンパウロ市で開かれる本の祭典「ビエンナーレ」が、史上初のヴァーチャル版で開催される事になった。今年のビエンナーレは12月7~13日に開催される。  ビエンナーレは第26回目で、10月に開催されるはずだった。新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛などで、今年 […]
  • 《サンパウロ市》新型コロナ抗体を14%所持=裕福な地域ほど感染者増加2020年9月22日 《サンパウロ市》新型コロナ抗体を14%所持=裕福な地域ほど感染者増加  サンパウロ市市役所が行った調査によると、住民の13・9%は既に新型コロナウイルスに感染し、抗体を持っている事がわかった。  新型コロナ抗体率を調べる調査は5回目で、市内全域の保健所(UBS)472カ所の管轄の住民の中から無作為に選ばれた2226人を調査した結果、抗体 […]