ホーム | 日系社会ニュース | アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<2>

アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<2>

世界で仕事を見つける

 

店舗でのガネッシュさん

店舗でのガネッシュさん

 「ブラジルではもう8年ほど過ごしました。そろそろ他の土地で仕事をしたいという気持ちもあり、日本も訪ねてみたいです」。“世界で武者修行”という言葉がしっくり来るのが、ネパールのタナフン郡出身のガネッシュ・プラサダ・グルンさん(42)。
 2006年からサンパウロでインド衣料品を販売していたおじを頼って、2012年に新しい仕事を求めてブラジルに来た。今年3月にコロナで外出自粛となるまでは、ブラス区のインド服飾雑貨店が集まるビルの一角でインド服の卸・小売り販売を行う『OM-Ganesh』を営業していた。
 「この半年は閉店。6月に入って4時間営業が認められてからは、倉庫にお客さんが商品を購入しに来るようになり、9月末からはようやく店も再開できる見通しが出てきました」と落ち着いた口調のガネッシュさん。
 インドで買い付ける商品の入荷も滞っていたが、9月中旬にはパラグアイに商品が届き、再び国境を越えて商品を受け取りに行く事ができるようになった。
 ガネッシュさんはネパールでは本の販売や米、トウモロコシなどを栽培する農耕に従事していたが、ネパールの国内経済だけでは食べていくのは厳しく、より良い仕事を求めて、ブラジルに来る前はアジア各国で就職してきた。
 マレーシアでは警備の仕事を4年、アフガニスタンではイギリス企業で傭兵を3年、サウジアラビアでは市場の経営管理を4年ほど務め、その後ブラジルに来た。
 13年までネパールにはブラジル大使館が設置されていなかった。そのためビザなしで入国できるボリビアに一旦移動し、現地のブラジル大使館で短期滞在ビザを取得し、サンパウロにバスで向かった。
 サンパウロ到着後は連邦警察で難民申請を行い、プロトコールを取得。プロトコールの取得と同時に労働手帳も得られ、会社番号(CNPJ)や納税者番号(CPF)も得て、これまでの生活には何の問題もなかった。
 しかし、今も難民認定はされず、永住権を得ることはできていない。おじは7年過ごしたここを後にし、13年には米国に再移住した。
 第一言語はネパール語、次いでヒンディー語、そして英語を使用して来たガネッシュさん。ブラジルに来た当初こそポルトガル語に不自由したが、今は慣れたと言う。
 深夜にブラス地区を歩いていた時に泥棒に遭い、サンパウロの治安の悪さを改めて実感したものの、サンパウロの生活は満足している。アジア各国を渡り歩いてきた度胸が財産で、パンデミックで仕事がストップしたのも人生の一こまと捉え、落ち込むこともない。


助け合うネパール人コミュニティー

店舗でのガネッシュさん

店舗でのガネッシュさん

 現在、ガネッシュさんは国際的なネパール人ネットワークである海外在住ネパール人協会(Non-Resident Nepali Association (NRNA GLOBAL))ブラジル支部代表を務め、定期的にサンパウロで生活するネパール人と連絡を取り合い、近況を確認し合う。
 同協会は、外国で蓄積されたノウハウと資本をネパールに還元し、ネパールの平和と繁栄、発展に貢献する目的で2003年にネパール政府公認で設立された。世界中の在外ネパール人ネットワークのつながりを強化する狙いもある。
 ブラジル支部では、病気など大変な状況にあっても自己資金のない人には、皆で少額を出しあって助け合い、8月にはどうしても帰国する必要のあるメンバーに飛行機チケット代を購入した。
 パンデミック以降、仕事が減少して時間ができた事から、ガネッシュさんは海外在住ネパール人協会の代表として、難民と移民を支援するNGOのボランティアにも参加し、仕事が停滞したネパール人のためにもセスタ・バジカの配布に取り組んできた。
 「将来の夢は家族とネパールで一緒に生活すること」。ガネッシュさんは12年にブラジルに来て以来、一度もネパールには戻っていない。
 妻(38歳)と娘(20歳)は両親とともにネパールで暮らし、3人いる妹の内、一人は韓国で働いている。今年1月に長男(24歳)が父親を訪ねてブラジルを見聞する目的でサンパウロに来て、短期で帰国する予定だったが、パンデミックで思いがけず9月にネパールの国際空港が再開するまでの滞在となった。(つづく、大浦智子さん取材・寄稿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》日系コミュニティを共振させるには=南米全伯日本語教育会議から2021年3月2日 《記者コラム》日系コミュニティを共振させるには=南米全伯日本語教育会議から 「創始者」と「最初の追随者」の役割を再認識  「これは日本語教育界だけでなく、日系社会全体で共有すべき考え方だ」――2月27日にオンライン開催された「南米全伯日本語教育会議‐本会議」での水上(みずかみ)貴雄さん(海外日系人協会 […]
  • コロニア10大ニュース=全停止した日系社会の活動=コロナに振り回された異例の年2020年12月29日 コロニア10大ニュース=全停止した日系社会の活動=コロナに振り回された異例の年  2月25日にブラジルで最初の新型コロナ患者が確認され、3月17日に最初の死亡が確認され、ブラジル社会の緊迫度が一気に上がった。同21日にジョアン・ドリアサンパウロ州知事が緊急記者会見を開いて非常事態宣言をし、24日から「2週間のクアレンテナ」(外出自粛)を行うと発表した。4~ […]
  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]
  • 東西南北2020年12月10日 東西南北  8日午後、サンパウロ市で強い雨が降り、各地で水害が相次いだ。16時50分の時点で市内では20カ所で冠水が起き、11の通りが通行不能となった。また、18時10分までに倒木の通報が122件も入った。被害がひどかったのは西部で、ラッパ、リモン、バラ・フンダなどで水浸しの道や大木が倒 […]
  • コロナに負けず料理店開店=七転び八起きのレバノン移民2020年12月10日 コロナに負けず料理店開店=七転び八起きのレバノン移民  「この店のエスフィッハの味はシリア本国と同じです」。今年8月にオープンしたレバノン人移民のフセイン・アリナリさん(54、タイベ生まれ)がひらいたアラブ料理店『エスフィッハ・タイバット』(Rua Triassú, […]