ホーム | ネイマール 関連記事

ネイマール 関連記事

PSG=ネイマールか、カバーニか?=過去のPKで成功率が高いのは?

カバーニ(C. Gavelle/PSG)

 PSGのネイマールが、同チーム内のエジンソン・カバーニと、どちらがPKを蹴るかでもめた件が世界のサッカー・ファンの話題になり続けている。  事の発端は、17日に行われたフランス・リーグのPSG対リヨン戦の後半34分に起こった。チームメイト、ムバッペへのゴールエリア内で起こったファウルで得たPKに関し、チームメイトのダニエル・ア ...

続きを読む »

東西南北

 米国のトランプ大統領が、テメル大統領を含む中南米の首脳たちに声をかけ、ベネズエラの政治危機の問題について話し合いたいともちかけた。これが仮に実現するとなれば、国連総会の直前あたりになりそうだという。今やベネズエラの問題は中南米全体の問題でもあり、マドゥーロ独裁政権が立ち上げた、憲法改正のための制憲委員会には、中南米17カ国が承 ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ市保安局発表の最新データによると、今年1月~7月は、強姦も含む性的虐待の件数が1384件に上ったという。昨年同期比では170件増加し、1日平均の件数でも5・7件から6・5件に増えたことになる。また、被害件数の内、903件までもが14歳以下を狙ったもので、事件が最も多く起こったのはカポン・レドンドやジャルジン・ダス・イ ...

続きを読む »

サッカーW杯南米予選=ブラジルと他の国はどこで差が付いた?=前回大会からの若手選手の台頭の違い

 サッカーのW杯南米予選は9月の時点で16節まで終了し、残りは10月に行われる2節のみとなった。現時点でW杯進出決定は首位のブラジルのみで、2位以下は大混戦となっている。だが、少し前まで、ブラジルが2位以下に勝ち点差10点以上をつけての独走になると想像した人はどれだけいたのだろうか。  ブラジルは15年のコパ・ド・アメリカでは準 ...

続きを読む »

《ブラジル・サッカー》カカーの初の特集記事から20年=本人が15歳だった当時を振り返る

97年9月18日のエスタード紙のカカーの特集記事

 サッカーのW杯に3度出場し、2007年には世界最優秀選手にも選ばれた名選手カカー。そんな彼がブラジルのメディアで初めて特集されたのは、まだ15歳だった1997年9月18日付のエスタード紙スポーツ欄だった。それから20年後、現在のカカーがその時のことを振り返って、同紙の取材にこたえた。  その20年前の特集の見出しにはこう書かれ ...

続きを読む »

サッカーの移籍市場が終了

8月31日、W杯南米予選のエクアドル戦で得点を決めた直後のコウチーニョ(Lucas Figueiredo/CBF)

 欧州サッカー界の夏の移籍市場は8月31日に締切となったが、この締切日に起こった、ブラジルの有力選手の状況を見てみよう。  既にネイマールがバルサからPSGに、パウリーニョが中国の恒州広大からバルサに移籍したことは世界的にも話題となっていた。その他も、フィリペ・コウチーニョ(リバプール)とルアン(グレミオ)に注目が注がれていたが ...

続きを読む »

ガンソがセヴィージャで得点=かつてのネイマールの頑固な相棒

 現在、ネイマール(PSG)が世界屈指のスター・プレイヤーとして大活躍中なのは世界中のサッカー・ファンが知っていることだが、かつて彼と名コンビと称され、共に期待されたのに、彼の名声の影に埋もれがちになっていた男が、27日のスペイン・リーグの一戦で活躍した。  パウロ・エンリケ・ガンソは、2009年から11年にかけて、当時、サント ...

続きを読む »

FCバルセロナ=ネイマールに契約延長ボーナス返金を求める

ピッチ外の騒動の影響も受けず、PSGでは早くも2試合出場3得点と大活躍を見せているネイマール(C.Gavelle/PSG)

 スペインの名門サッカークラブ、FCバルセロナは22日、今月にはいって同チームからフランスリーグのパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍した、ブラジル代表FWネイマールを相手に、損害賠償を求める訴えを出したと、同日付ブラジルニュースサイト、アジェンシアブラジルが報じた。  FCバルセロナは、「ネイマールが契約延長ボーナスを受け取っ ...

続きを読む »

東西南北

 サッカーのフランス・リーグで20日、ネイマールがPSG移籍後、初めて、本拠地パルケ・デ・プランスでの試合に出場した。パリ市民の前での初試合は対トゥールーズ戦で、6―2で圧勝。ネイマールは終始、中心になってゲームを作り、先制点とダメ押しの6点目の2点、さらに1アシストという大活躍ぶりだった。もはや雰囲気としては「ネイマール劇場の ...

続きを読む »

東西南北

 昨日付本欄で報じた、サンパウロ市のジョアン・ドリア市長がブラジル北東部へ出向いてばかりで、サンパウロ市内での道路、公園、信号などの整備に対応しないとのアゴラ紙の皮肉に対し、ドリア市長が返答した。同市長は「私は1日に16時間でも18時間でも働く。疑うなら一緒に行動してみてもいいよ」と語った。さらに国内外へ出向くことに関しては、「 ...

続きを読む »