ホーム | ネイマール 関連記事

ネイマール 関連記事

東西南北

 本頁でも報じた元リオ州知事のセルジオ・カブラル被告は、この1年で最も報じられることの多かった政治家の一人だ。ルーラ政権末期のブラジルの好景気は、日本のバブル経済時代に喩えられることが多いが、今となっては、同氏の存在は、資金洗浄で共犯して逮捕されたかつての世界長者番付上位の大富豪、エイケ・バチスタ氏と共に、あの時代の悪い象徴とな ...

続きを読む »

親善試合終了後のセレソン通信簿=W杯代表への「残席あり」はあといくつ?

 16日までにサッカーW杯ロシア大会の代表32チームが出揃った。日本とイングランドとの親善試合を終えたブラジル代表(セレソン)も、ロシアでの本番までは来年3月の親善試合を残すのみとなった。  ブラジルのインターネット上のサッカー報道では、グローボエスポルテが11月の親善試合が終わった時点でのW杯での代表入りに向けた選手の通信簿を ...

続きを読む »

《ブラジル》知名度ランクと広告効果ランクに意外な違い=役立ち情報を伝えるYouTuberも人気

イヴェッチ・ザンガロ(Joilson César/Agecom)

 市場調査会社、インスティテュート・イプソスが2千人のブラジル国民に対して行った調査によると、ブラジル国内で最も知名度の高い(調査対象者に顔を見せて名前が分かった)セレブは1位イヴェッチ・ザンガロ(歌手)、2位ルシアノ・フッキ(TV司会者)、3位ジゼリ・ブンチェン(モデル)、4位ファチマ・ベルナルデス(TV司会者)、5位ネイマー ...

続きを読む »

《ブラジルサッカー》ブラジル代表が日本に快勝=前半3点で後半は控え中心に

 フランスのリールで行われたサッカーの親善試合で、ブラジル代表(セレソン)が日本代表を3―1で下した。10日付現地紙サイトが報じている。  セレソンの召集選手はW杯南米予選とほぼ同じだったが、この日は通常控えのメンバー6人が先発。対する日本も、国際的な知名度の高い岡崎(レスター)や香川(ボルシア・ドルトムント)は未招集だった。 ...

続きを読む »

東西南北

 本頁でも報じているように、元リオ州知事のセルジオ・カブラル被告を連邦刑務所に移送する話はなくなったが、同被告が現在収監されているリオ市のジョゼ・フェデリコ・マルケス刑務所の房が豪華過ぎると大々的に報じられている。この刑務所は犯罪者の中でも裕福な層の人が収監されており、房の中にはホームシアターや、Wi-Fiが使え、映画も堪能でき ...

続きを読む »

U17W杯=ブラジルはマリを降し3位=黄金世代確保に必死の各クラブ

 10月にインドで行われたサッカーU17W杯で、ブラジルは準決勝でイングランドに敗れたが、その後3位決定戦でマリに勝ち、3位となった。  優勝こそ果たせなかったが、「久々の黄金世代」と称されるタレントたちの確保のために、各チームが必死になっているという。  この大会には、南米予選の得点王になり、レアル・マドリッドと4500万ユー ...

続きを読む »

東西南北

 昨日付本紙でも報じたように、サンパウロ市北部の公園で黄熱病で死亡した猿の死体が見つかり、21日から予防接種キャンペーンが始まっている。24日付現地紙では、同市北部の医療機関の前に長蛇の列ができた光景が写真付で報じられているが、それらの列はあまりに長く、別の道にまたがったり、歩道橋までつながるものも出たりして、3時間待ちもザラだ ...

続きを読む »

《サッカーブラジル代表》11月シリーズのメンバー25人が決定=新顔ゼロに、「(テストする)時間がない」とチッチ監督

スライド上で紹介されるダグラス・コスタ。怪我で代表を離れていたが、久々の復帰となった。(Lucas Figueiredo/CBF)

 11月に欧州遠征を行い、日本(10日・フランス・リール)、イングランド(14日・英国・ロンドン)と親善試合を行うサッカーブラジル代表のチッチ監督が20日、同遠征の参加メンバー25人を発表した。  そのメンバーは以下の通り。  <ゴールキーパー>アリソン(ASローマ)、エデルソン(マンチェスター・シティ)、カッシオ( ...

続きを読む »

東西南北

 17日の上院投票で停職を免れたアエシオ・ネーヴェス氏。だが、一難去ってまた一難で、今度は民主社会党(PSDB)党首の去就問題を突きつけられている。上院投票で停職に反対の票を投じた現PSDB党首代行のタッソ・ジェレイサッチ上議が18日に、「彼はこれ以上、党を率いる状況にはないだろう」と語り、同日夜の幹部会で、党首降板を迫ったのだ ...

続きを読む »

《サッカーブラジル代表》来年3月モスクワでのロシア戦が決定=FIFA国際マッチデー4試合の対戦相手が決まる

ワールドカップ予選最終戦、チリ戦で、ゴールを祝福するイレブン(Lucas Figueiredo/CBF)

 ブラジルサッカー連盟(CBF)は、ブラジル代表が来年3月23日にモスクワでロシア代表との親善試合を行うことを発表した。  これで、来年6月のワールドカップ開幕までのFIFA設定の国際マッチデーを使っての親善試合4試合のカードが決定した。  来月11月、ブラジルは10日にフランスのリールで日本戦を、14日に英国ロンドンでイングラ ...

続きを読む »