ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超

《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超

ENEMの受験会場(Tania Rego)

 17日、大学入試や奨学生承認にも使われ、国内で最も重要な試験のひとつである、国家高等教育試験(ENEM)が行われた。当初の実施予定日から2カ月遅れで実施されたものの、コロナ禍の影響で試験そのものが差し止められたり、試験会場で入場を断られたりした人や、参加をとりやめる受験者が続出。初日の棄権率は51・5%という異例の数字を記録した。18日付現地紙が報じている。
 今回のENEMに関しては、事前に再度の延期を求める受験生や大学関係者の声が強く、訴訟も行われたほどだった。だが、大学の新学期が近く、試験用紙も既に試験場所に配送済みなどの事情もあって、2度目の延期は実施されなかった。
 だが、人工呼吸器の酸素が不足するほどの医療崩壊を起こしているアマゾナス州で56市、ロンドニア州で2市がパンデミックの影響を考慮して実施を中止。これらの市だけで、16万3170人が受験できなかった。
 全国では1万171人の受験生が体調不良を訴え、事前に欠席を申し出ていた。内8180人に関しては、日を改めての受験が認められた。

 さらに、受験者数が、今回の許容基準である「通常の収容人数の50%」を上回ってしまったため、試験が中止された受験会場もあった。こういった例は、パラナ州、リオ・グランデ・ド・スル州、サンタカタリーナ州、サンパウロ州などで起こった。
 こうした事情で受験できなかった受験生に関しては、振替日での受験が認められる。受験の申し込みは1月25日から29日で、試験そのものは2月23、24日に行われる予定だ。
 結局、初日は全国で申し込んでいた552万3029人の内、半数以下の268万697人が試験を受けた。この結果、51・5%が試験を棄権したこととなり、過去最高だった2009年の37・7%を大きく上回った。2019年の棄権率は23%に過ぎなかった。
 初日の試験は「言語(ポルトガル語と外国語)」「人文科学」「作文」で、作文のテーマは「メンタル・ヘルス」だった。「言語」の問題の中には、男女サッカーの最高給選手(ネイマールとマルタ)の給与格差のように、性に基づく格差について問うものなどがあり、話題を呼んだ。
 主催の国立教育研究院(Inep)とミルトン・リベイロ教育相は、パンデミックの中でもこれだけの人が試験を受けたことを評価し、今回の試験は「成功」と見なしている。
 2日目の試験は24日で、「自然科学」と「数学」に関する試験が行われる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本国大使館=「新しい未来で会いましょう」=オンラインで天皇誕生祝賀会=大統領、ジーコ、藤井裕子さんも2021年2月25日 日本国大使館=「新しい未来で会いましょう」=オンラインで天皇誕生祝賀会=大統領、ジーコ、藤井裕子さんも  駐ブラジル日本国大使館(山田彰特命全権大使)は23日(火)午後7時から、天皇誕生日に合わせて制作された祝賀会の動画を、同館のフェイスブックやユーチューブ上で配信した。約1時間の映像は、「新しい未来で会いましょう(juntos em um Novo […]
  • 東西南北2021年1月30日 東西南北  今日30日午後5時から、リオ市マラカナンでサッカーのリベルタドーレス杯の決勝戦、パルメイラス対サントス戦が行われる。この2チームはオールド・ファンにはおなじみの老舗中の老舗チームだ。1960年代のサントスにはペレが在籍し、黄金時代を築いたが、その時代はパルメイラスの黄金期でも […]
  • 「新しい日常」適応に苦心の年=外務省研修生OB会の忘年会=オンラインでの存在感強める2020年12月17日 「新しい日常」適応に苦心の年=外務省研修生OB会の忘年会=オンラインでの存在感強める  日本国外務省研修生OB会(上原テリオ会長)が多難だった2020年の忘年会を4日晩、オンラインで開催した。上原ケンゾウ・パウロさんのコーディネートにより、約60人が集まった。当日は楠彰在サンパウロ首席領事、マナウス総領事館に転任になった中村玲子領事の挨拶もあり、日本滞在 […]
  • マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」2020年11月27日 マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」  【既報関連】25日に急死したアルゼンチンの伝説的サッカー選手、マラドーナの死をめぐり、サッカー界や政界、法王からも続々と弔辞が送られた。26日のアルゼンチンでの葬儀は国葬となった。26日付現地紙、サイトが報じている。  サッカー界ではまず、生前「どちらがサッカー史上 […]
  • 東西南北2020年11月19日 東西南北  ブラジルでスポーツといえば、ほとんどサッカーで埋まるのが常。だが18日付現地紙は、ブラジルが生んだ伝説のボクサー、エデル・ジョフレが1960年11月18日に世界バンタム級チャンピオンに輝いたことと、それから60年が経過したことを大きな記事で伝えた。ジョフレといえば日本でもおな […]