ホーム | Free | キリストの幕屋=「生命之光」無料配布中

キリストの幕屋=「生命之光」無料配布中

来社した一行

 サンパウロキリストの幕屋(鹿田正人代表)が月刊誌『生命の光』(日語)の無料配布を行っている。全95ページ。配布は郵送で行う。
 800冊目の今号では、「今生きる力を」と題した特集を掲載。10ページには、難病から立ち上がった19歳の青年・光永紘一郎さんの軌跡が書かれている。
 また、鹿田代表のお勧めは、68ページに載っている吉野満恵さんのエピソード。「彼女は知的障害がありながら、ヘルパー2級の資格を取得した。幼い頃から知っているんですが、その成長に感動しました」。
 来社した鹿田代表、南米、パラグアイ担当の伝道師・井上祝(はじめ)さん、訳(とき)子さんは「『勇気を持って生きてほしい』というメッセージが込められた本です。どなたでも読みやすい内容になっていますよ」と勧めている。
 配布希望者、問い合わせは鹿田代表(電話=11・5011・1785、携帯=11・98122・8594)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 サンパウロキリストの幕屋の鹿田正人代表と共に来社した南米、パラグアイ担当の伝道師・井上祝さん、妻の訳子さんは、約3週間前にブラジルに到着した。ブラジルは初めてで、来月からはパラグアイで伝道師として活動するという。祝さんは大学時代にイスラエルへ留学し、英語とヘブライ語がペラペラ。今はスペイン語を勉強中だそうだが、すぐに身につけてパラグアイで活躍しそう?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 福岡県人会=母県から7月式典の準備で来伯=コロナ危機で急きょ中止に2020年3月31日 福岡県人会=母県から7月式典の準備で来伯=コロナ危機で急きょ中止に  今年7月19日に県人会創立90周年及び県人移住110周年式典を開催する、ブラジル福岡県人会(南アゴスチンニョ俊男会長)の準備のために、公益財団法人福岡県国際交流センターの福島明彦専務理事と加藤奈美企画交流部主任が来伯し、3月9日に来社した。その後、同式典はコロナウイル […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 福島県=米大陸移住者子弟9人が研修=出生国と県の懸け橋人材に=世界へ正しい復興情報を発信2020年1月11日 福島県=米大陸移住者子弟9人が研修=出生国と県の懸け橋人材に=世界へ正しい復興情報を発信  福島県庁による「中南米移住者子弟研修」と「北米移住者子弟研修」の合同事業が1月22日~31日まで同県で行われ、中南米から6人、北米から3人の県人移住者子弟が参加する。同研修では、日本の総務省が委託している「中南米日系社会と国内自治体との連携促進事業」も実施。ブラジルか […]
  • CONFRA=過去最高の参加者数で盛大に=日系スポーツ親善競技大会=鈴木馨祐外務副大臣が初出席2020年2月21日 CONFRA=過去最高の参加者数で盛大に=日系スポーツ親善競技大会=鈴木馨祐外務副大臣が初出席  中南米の日系選手が集まって親睦を深めるスポーツ大会「CONFRA BRASIL HONDA 2020」(Confraternidade Esportiva Internacional […]