ホーム | ネイマール 関連記事

ネイマール 関連記事

ボウソナロ=タイム誌の「影響力のある人物」に=「複雑な人」と称されるも

 米国の有名誌「タイム」が17日に発表した毎年恒例の「影響力のある人物100人」の中に、ボウソナロ大統領が含まれていることがわかった。17日付ブラジル国内紙サイトが報じている。  ボウソナロ氏は、米国のトランプ大統領、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相、イタリアのマッテオ・サルヴィーニ副首相といった極右政治家や、ニュージーラ ...

続きを読む »

東西南北

 17日付アゴラ紙に、サンパウロ市南部ジャルジン・アンジェラのバス・ターミナルでは、鳩の糞があまりに多く、利用者からの苦情が相次いでいる、という記事が大きく掲載された。文字通り、きれいな話ではないが、この件の場合、問題なのは清掃の大変さや外観よりも、それらの糞が人々に病気をもたらす可能性があるということ。利用者が具体的に何らかの ...

続きを読む »

王様ペレ=尿道結石の除去手術受け退院=お決まりジョークも飛び出す

 今月初めに滞在先のパリで泌尿器系の感染症にかかり、5日間入院、9日にブラジルに帰国するも、そのままサンパウロ市内の病院に入院していた“サッカーの王様”こと、ペレ氏(78)が15日に退院した。  ペレ氏は帰国後に尿道結石がみつかり、13日に除去手術を受け、成功していた。  入院先のアルベルト・アインシュタイン病院の医師は、ペレの ...

続きを読む »

「ネイマールの誕生会、行くんじゃなかった」 ブラジル代表期待の中盤、アルトゥールが反省

 FCバルセロナFCでプレーし、ブラジル代表(セレソン)でも期待されているミッドフィルダー、アルトゥール(22)が12日、記者会見で「ネイマール(PSG)の誕生会に出席したのは過ちだった」と語り、話題を呼んだ。  これは、13日に本拠地カンプノウで行われる欧州チャンピオンズ・リーグの対リヨン(フランス)戦を前にしたインタビューで ...

続きを読む »

カーニバル満喫のネイマールに先輩の助言=「現役は短い。サッカーに集中すべき」とエジムンド

「俺も昔、同じ事をしたんだけど…」とネイマールに助言したエジムンド(Supguilherme)

 1月下旬のフランス杯で負傷、右足の第5中足骨の骨折で戦線離脱中のネイマール(PSG)が、療養中にも関わらず、今日はサルバドール、明日はリオと、カーニバルを満喫する姿が目撃され、ブラジル国内でも話題になっている。  そんな中、かねてから熱烈なサンバファン、カーニバルファンを公言する元ブラジル代表のストライカー、エジムンドが、ネイ ...

続きを読む »

《サッカーブラジル代表》3月親善試合のメンバー発表=レアルの新生ヴィニシウスJrを初招集

ブラジル代表招集メンバー発表会見のチッチ監督(Lucas Figueiredo/CBF)

 ブラジルサッカー連盟(CBF)は2月28日、3月下旬の親善試合に向けたブラジル代表(セレソン)メンバーを発表した。  チッチ監督は23人を選出。弱冠18歳ながら、レアル・マドリッドで活躍を見せているFWのヴィニシウス・ジュニオルが、初の招集メンバー入りを果たした。  また、イタリアの名門ミランに加入したばかりのMF、ルーカス・ ...

続きを読む »

東西南北

 今日1日深夜から、2夜連続で、サンパウロ市カーニバルのスペシャル・グループのパレード(デスフィーレ)が行われる。会場はおなじみの北部アニェンビのサンボードロモだ。初日の注目エスコーラは、昨年、一昨年と2年連続覇者のアカデミコス・タトゥアペーで、2日3時35分に登場。その他の強豪エスコーラは2日目の夜に集中しており、アギア・デ・ ...

続きを読む »

ペレの次に偉大な選手は?=ロナウド、ジーコの順=ネイマールはようやく7位

ロナウド(ウィキペディアより)

 「ペレの次に偉大なブラジルの選手は?」。これは、ブラジル国内のサッカーファンの間でよく起こる議論だが、いままでは定番といえる見解はなかった。  そんななか13日、現地サッカー専門誌「プラカー」がその答を勝手に「ネイマール」としてしまったために物議をかもし、「そんなはずはない。サッカー・ファンの国民ともっと議論すべきだ」という意 ...

続きを読む »

ペレの次はネイマール?=サッカー誌のタイトルに異論続々

ネイマール(Lucas Figueiredo/CBF)

 ブラジルのサッカー雑誌プラカールの最新号で、「ネイマール、ペレ以降、最高のブラジル人選手の10年」題された特集号が発売され、多くのサッカー関係者の中で異論があがっている。  13日に放送されたサッカー番組『セレソン』では、あるジャーナリストが「まあ、そうなんじゃないか」と発言すると、ゲストコメンテーターの元ユーゴスラビア代表M ...

続きを読む »

東西南北

 9日付けエスタード紙の表紙には「過去から学ばない国」という強烈な見出しが躍っていた。これは、フラメンゴの宿泊所火災のことのみならず、1月に起こって現在まで165人の死が確認されているブルマジーニョの鉱山ダムの決壊事故、昨年のリオ国立博物館の火災、2013年に242人の死者を記録したリオ・グランデ・ド・スウ州のライブハウス「KI ...

続きを読む »