ホーム | サンパウロFC 関連記事

サンパウロFC 関連記事

東西南北

 12日に実刑判決を出されて以来、ブラジルの話題を集めるルーラ元大統領だが、それに伴い、同氏の痛烈な批判者として知られる、サンパウロ市のジョアン・ドリア市長も注目を集めている。ここ連日、市長がルーラ氏に関して何か言うたびにマスコミの話題になるため、他の政治家からは「まるでオウムのようだ」と揶揄されたり、左翼系と思われる人から自宅 ...

続きを読む »

コリンチャンスファンがパルメイラスファンを殺害=ビジターチームファン入場禁止措置も効果なく

 12日夜にサッカー全国選手権第13節のパルメイラス×コリンチャンス戦が行われた。  サンパウロ市を本拠とする両チームの対戦は、ファンが特別なライバル意識を燃やす対戦として知られているが、その情熱がまた間違った方向に出てしまった。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会員につ ...

続きを読む »

東西南北

 現地紙は昨年、ジウマ前大統領が議会での罷免審理に入る少し前から、棒グラフを使って賛成と反対の勢力を色別に示し、話題を呼んだ。今はテメル大統領がその対象となっており、下院憲政委員会(CCJ)での大統領告発受理に関する棒グラフが出始めている。それによると、「わからない」とする議員がまだ多くいるものの、告発に賛成する議員と反対する議 ...

続きを読む »

大耳小耳

 G20でも空元気とも思える前向きさを見せているテメル大統領。その一方で、自身の告発での下院での判断の雲行きはさっぱり見えず、ついには「マイア議長、大統領代行待望論」なるものまでささやかれる始末。ジウマ大統領が正式に罷免されてまだ1年もたたないのに、今度は大統領の職責継承権2位の下院議長にまで、国政の責任者としてのチャンスが回っ ...

続きを読む »

東西南北

 自身の側近役をつとめていたジェデル氏の逮捕で、いよいよ立場が苦しくなってきたテメル大統領。まるで将棋の持ち駒がとられるかのように、自分に近い政治家たちがひとりふたりと逮捕されている。だが、そうした状況ではありながらも、同大統領は「下院で告発を受けない態勢はほとんど整った」と自信を見せている。連立政権内で、確実に反対をしてもらえ ...

続きを読む »

サンパウロFC=クラブのレジェンドを半年で解任=人気は絶大も、17位降格圏では庇いきれず

GKとして25年、サンパウロFCの象徴ともいえるセニだったが、監督としては結果が残せなかった(Agencia Brasil)

GKとして25年、サンパウロFCの象徴ともいえるセニだったが、監督としては結果が残せなかった(Agencia Brasil)  名門サッカークラブ、サンパウロFCは3日午後、ロジェリオ・セニ監督の解任を正式発表した。  セニは、現役生活25年を同チームに捧げ、1000試合以上に出場、ゴールキーパーとしては異例の132得点(フリー ...

続きを読む »

サッカー=ブラジル全国選手権第10節=コリンチャンス、首位攻防戦を制す

5万人を超える大観衆を集めた首位攻防戦で決勝点を決めたコリンチャンスのジャジソン(右)(Rodrigo Gazzanel/Agência Corinthians)

5万人を超える大観衆を集めた首位攻防戦で決勝点を決めたコリンチャンスのジャジソン(右)(Rodrigo Gazzanel/Agência Corinthians)  5月13日に開幕したサッカー・ブラジル全国選手権も、1カ月半足らずで全日程のほぼ4分の1となる第10節まで消化した。  25日には9節終了時点で首位を走るコリンチャ ...

続きを読む »

ブラジル・サッカー=今年の行方を占う52日間始まる=7週間強で、リーグ戦の3分の1にあたる13試合を消化

6月4日、パルメイラスとアトレチコ・ミネイロの強豪同士の一戦は、0対0の引き分けに終わった(Bruno Cantini/Atlético)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

ブラジル人サッカー選手=エーデルソンがMシティに移籍=キーパー史上2位の契約金で

エーデルソン(Lucas Figueiredo/CBF)

エーデルソン(Lucas Figueiredo/CBF)  ポルトガルの名門サッカー・クラブ、ベンフィカは1日、同チームのブラジル人キーパー、エーデルソン(23)が、イングランド・プレミアリーグの強豪、マンチェスター・シティに移籍することが決まったと発表した。  ベンフィカによると契約金は4千万ユーロ(1億4500万レアル)だと ...

続きを読む »

東西南北

 30日付アゴラ紙によると、サンパウロ市セントロで強盗や窃盗の被害が急増しているという。1―4月で比較した場合、セントロでは16年同期に比べて強盗事件が29・7%、窃盗事件が32%増えたという。市全体の増加率は各々2・6%、10%だったというから、セントロ(セー、ボン・レチロ、カンポス・エリーゼオス、コンソラソン、サンタセシリア ...

続きを読む »