ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ボルソナロ大統領長男フラヴィオ氏の元職員で疑惑の主のファブリシオ・ケイロス氏への捜査が再開された。その一方で、最高裁は、連邦検察庁から要請が出ていた、昨年3月のマリエレ・フランコ元リオ市議殺人事件に関する証拠隠滅容疑でのボルソナロ大統領と次男カルロス氏への捜査をお蔵入りさせた。同件に関しては、殺害実行犯の2人が犯行当日にボルソナロ氏宅訪問を口実にコンドミニアムに入ったこと、カルロス氏の当日のアリバイに矛盾があること、マリエレ氏とカルロス氏が対立関係にあったことなどからリオ市警が引き続き捜査をしていた。門番の証言が無効にされる形になるが、このまま流れてしまうか。
     ◎
 18日、米国フロリダ州でサンパウロFCゴールキーパーのジャン(24)が夫人への暴行罪で逮捕された。ジャンは数日前から家族でディズニーランドに来ていて妻と喧嘩。その直後に妻がネットの動画で自分の腫れた顔をさらし、「夫に暴力をふるわれた」と訴えて話題になったため、逮捕された。サンパウロの第2キーパーとして知られるジャンは、激高しやすい性格で、試合中に暴言を吐いての退場や監督との対立など、トラブルの多い選手でもある。
     ◎
 カタールのドーハで開催中のサッカークラブW杯で、フラメンゴが21日の決勝で戦う相手は、38年前のトヨタカップと同じリバプール(イングランド)に決まった。欧州一のリバプールと北中米一のモンテレイによる18日の準決勝は緊迫した試合展開が続いたが、終了間際にブラジル代表でもおなじみのフィルミーノが決め、2―1で逃げ切った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロFC=次期大統領めぐり見解真っ二つ=嘆くかつての名選手と、喜ぶ現役選手2018年11月7日 サンパウロFC=次期大統領めぐり見解真っ二つ=嘆くかつての名選手と、喜ぶ現役選手  極右のジャイール・ボルソナロ氏が大統領選に当選したことは、ブラジル社会を二分する出来事になっているが、それはサッカーの名門、サンパウロFCでも同様だ。  サンパウロFCが全盛期だった90年代前半の立役者で、94年W杯のブラジル代表(セレソン)優勝メンバー、現在はサン […]
  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • 東西南北2020年6月17日 東西南北  サンパウロ州地域医療委員会(Cremesp)が同州検察局に報告したところによると、現在、新型コロナウイルス専門施設として使用している北部のアニェンビ臨時病院には、人工呼吸器のような器具が不足し、衛生基準を満たさないインフラ上の不備があるという。同病院は今月4日に5人のサンパウ […]
  • 東西南北2020年3月26日 東西南北  ボルソナロ大統領が24日夜に行った政見放送は、政界や国民のみならず、保健・医療、科学などの分野の専門家からも反感を買い、25日には諸団体が一斉に抗議声明を出した。代表例を挙げると、国家保健審議会、ブラジル感染症学会、ブラジル公衆衛生協会、サンパウロ州医師協会、ブラジル腫瘍外科 […]
  • 《ブラジル》コロナショックにサッカーチームが立ち上がる=スタジアムや練習場を医療用地として提供2020年3月24日 《ブラジル》コロナショックにサッカーチームが立ち上がる=スタジアムや練習場を医療用地として提供  ブラジルでは現在、新型コロナウイルスの感染が広がっており、国内全域でプロサッカーの公式戦が中断され、リベルタドーレス杯などの国際大会や、カタールW杯南米地区予選も延期が発表された。  試合がない中、選手の体力や試合勘を落とさないよう、トレーニングだけでも行いたいところだが、 […]