ホーム | コラム | オーリャ! | 「停電」も意外と良いもんだ?

「停電」も意外と良いもんだ?

突如始まった電気工事

突如始まった電気工事

 17日、クアレンテーナ(検疫)中の日曜朝10時、起床していつもどおりシャワーを浴びようとバスルームにいくと、お湯がでない。「壊れたのか?」と思ったら電気もつかず、停電していた。
 どうやら予告なしの電気工事が家の前で行われていることが停電の原因だそう。「不便だな…」と思い携帯を触るも、当然Wi―Fiも接続されてないため、インターネットも使えない。
 「携帯で写真整理でもするか…」と思い、携帯を触るもみるみるうちに携帯の電池が減り、いつものように充電をするができない。「はっ! 停電だった」と改めて現況に気付く。
 電子媒体は使えないので、今まで後回しにしていた、人からのアドバイスメモの整理を行った。すると、携帯に支配されず、落ち着いて過去を振り返ることができたのか、めっきり忘れていた先輩の話なども、ふと思い出し、気付けば半日経っていた。
 夕方16時、部屋の明かりがついて電気が復旧した。朝時点では、不便を感じていたオーリャ子も、停電が直ると「ああ、また携帯を触る日々に戻るのか…」となにか虚しさにかられた。
 日頃いかに電子媒体に頼り切っているかを感じさせられた1日。たまには機械の無い日を過ごすのもよいかもしれない。(淀)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「限界だ!!」2020年6月16日 「限界だ!!」  新型コロナウイルスの影響により、外出自粛が始まり早くも3カ月弱が経とうとしている。  ある夜、オーリャ子の夢の中では、災禍前の活気溢れるリベルダーデ街の風景が広がっていた。全ての店が開き、カメロー(露天商)も盛大に路上販売をしている。  人通りも多く、少し歩くだけ […]
  • 検疫中の夜道は気をつけて2020年5月12日 検疫中の夜道は気をつけて  7日、クアレンテーナ(検疫)中の夜7時過ぎ、ブラジルで強盗に遭遇した。合計1年以上生活しているが、初「洗礼」だった。東洋街コンセレイロ・フルタード大通りを一人歩いていると、後方から小さめのダンボール箱を持った20代後半、モレーノ(褐色肌)男性が小走りに追いかけてきて何か言った […]
  • 自粛中にブラジル初床屋2020年6月27日 自粛中にブラジル初床屋  サンパウロ州政府が外出自粛を発令し、早くも3カ月が経とうとしている20日土曜。オーリャ子はこの間に伸びた前髪や襟足にイライラしていた。元々短髪で、自粛令以前は月に一回こまめに散髪をしていた。  コロナ感染が怖かったが、我慢も限界になり自宅近くのブラジル人が経営する散 […]
  • 日本文化の本質、「和の国」の“根っこ”とは2020年2月11日 日本文化の本質、「和の国」の“根っこ”とは  二世、三世ら子孫、ブラジル人に「何が日本文化か?」と尋ねられて、ポルトガル語でキチンと説明できる人がどれだけいるだろうか。というか、日本語で説明することも難しいだろう。  いきおい、ポルトガル語をあまり使わないで日本語教育、日本舞踊、書道、お茶、お花、音楽などを熱心 […]
  • 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を2020年2月4日 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を  日伯修好125周年を記念して、「日伯200周年基金(Fundo de Bicentenario […]