ホーム | Selic 関連記事

Selic 関連記事

この不景気の出口はどこに=伯国が魁聖なら日本は豪栄道?=駒形 秀雄

 「やあ、元気ですね。景気はどうですか?」―しばらく前まではニコニコしながらこんな風に友人との会話が始まりました。ところが今はいけません。周りはどちらを向いても冴えない顔ばかり、「どこどこは金が無い。支払いが滞っているから気をつけろ」「俺の身内が職をなくしてブラブラしてるんだ。何か良い働き口はないか?」こんな類の話題ばかりです。 ...

続きを読む »

W杯と夏季五輪に向けて=リオ州日伯文化体育連盟理事長 鹿田明義

ニッケイ新聞 2013年1月1日付け  新年明けましておめでとうございます。昨年を振り返りますと、8年間続いたルーラ大統領から、ジルマ大統領に替わった1年目は閣僚のスキャンダルで不安でしたが、2年目は支持率も高水準を維持しています。  国内の景気は欧州債務危機・中国経済の影響を受け昨年の経済成長予測は下方修正され1・5%となって ...

続きを読む »

拡大するクレジット市場=同時に貸し倒れも増える

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2011年9月23日付け  8月末に中銀が基本金利(Selic)を下げた時、潮目だと感じだ。昨年末からのインフレ傾向に歯止めがかからず、消費者物価指数は5月時点で前年同月比6%以上という数字まで出ていた。しばらくはインフレ退治のために金利上昇を続ける流れにあると思っていたので、「突然」の印象が強かった▼でもその後、 ...

続きを読む »

8月から景気減速傾向か=成長率と正規雇用が下降=「まだまだ市場を牽引」

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

イビウナ庵便り=中村勉の時事随筆=金利=11年6月27日

ニッケイ新聞 2011年6月28日付け  ブラジルの公定歩合(Selic)が12.50%paと高止まりしている。日本は13年もの長きに亘ってゼロ金利政策を採ってきた結果、公定歩合と言う用語は意味を失ってしまった程だ。一方はインフレ対策だと言い、他方はデフレ脱却の為だと言うが、どちらも目標が手段(政策)を嘲笑っている。金利政策(公 ...

続きを読む »

伯国経済の潮目が変わった?!=転換期迎えた拡大傾向=基本金利0・50%のみ=IPI減税終了で消費減退

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

実業のブラジル=6月号が発売

ニッケイ新聞 2009年6月27日付け  実業のブラジル六月号が発売された。  今月号の特集は、「基本金利(Selic)ついに一桁(9・25%)に」「アルゼンチンの悲劇とメルコスール」「世界第三位の食肉加工会社誕生」など。  日系書店などで取り扱っている。問合わせは同社(11・3287・8716)まで。

続きを読む »