ホーム | サッカー 関連記事

サッカー 関連記事

東西南北

 24日に行われた連警の〃書簡作戦〃で、親族や息子を含む配下、合計24人が逮捕されたベイラ・マルは、25日朝、ポルト・ベーリョの刑務所から、行き先を伏せた状態で、他の刑務所に移送された。移送には空軍機が使われ、20人もの職員が関わったという。メモを使って、獄中から〃シノギ〃を指揮し、過去数年間の〃アガリ〃は900万レアルを超える ...

続きを読む »

東西南北

 監督交代が激しいのはブラジルサッカー界の常だが、全国選手権開幕からわずか2試合を消化した時点で、既に2チームの監督が交代した。開幕2連敗のアトレチコ・パラナエンセのアウトゥオリ監督と、1分1敗のネイ・フランコ監督だ。ネイ・フランコ氏は、並行して行われたコパ・ノルデスチで優勝を逃した直後に解任された。アウトゥオリ氏の後任は、パル ...

続きを読む »

サンドロ・ロセル前FCバルセロナ会長逮捕=リカルド・テイシェイラ元CBF会長も関与の疑い

 FCバルセロナ前会長のサンドロ・ロセル氏が、資金洗浄の疑いで、現地時間の23日に逮捕されたと、24日付ブラジル各紙が報じた。  この事件には、リカルド・テイシェイラ元ブラジルサッカー協会(CBF)会長も関与しているとされている。サッカーのブラジル代表の肖像権や試合放映権料、4900万レアルが2人によって分けられたという。 この ...

続きを読む »

フラメンゴ=16歳の新星ヴィニシウス=レアル・マドリードに移籍決定

フラメンゴからレアル・マドリードに55億円で移籍の決まった16歳のヴィニシウス(Gilvam de Souza/Flamengo)

フラメンゴからレアル・マドリードに55億円で移籍の決まった16歳のヴィニシウス(Gilvam de Souza/Flamengo)  リオの名門サッカークラブ、フラメンゴの弱冠16歳のFW、ヴィニシウス・ジュニオールが4500万ユーロ(55億8千万円相当)の移籍金でレアル・マドリードに移籍すると公式発表された。  現在16歳のヴ ...

続きを読む »

東西南北

 英国北部マンチェスターで、現地時間22日夜、アメリカ人女性歌手アリアナ・グランデのコンサート終了時に自爆テロが発生し、22人が死亡した。アリアナ・グランデは事件直後に今後の欧州公演ツアー延期を発表したが、6月29日のリオ公演と7月1日の聖市公演は延期の予定はないと、主催者側は発表している。「心が痛む。心の底から、お悔やみ申し上 ...

続きを読む »

東西南北

 20日夜から21日夜までかけて行われた、今年のサンパウロ市ヴィラーダ・クルツラルは、雨にも祟られ、閑散とした出足で終わった。ジョアン・ドリア新市長は、主要ステージをこれまでのセントロ集中から、北部のアニェンビー、東部のカルモ公園、南部のインテルラゴスなどに拡散させたが、どこの会場も集客見込み数を大幅に下回り、一部のコンサートは ...

続きを読む »

10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ

サンパウロ日伯援護協会の自閉症児療育施設に訪問し、ハンドスタンプを行なった様子(本人提供)

 一般社団法人「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(代表・横山万里子)の海外特派員、宮澤かれんさん(18歳、東京)が4日に来社し、活動報告をした。  この「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(HSAP)とは、病気や障害を抱える子供や支援者らの手形を集めて一つの美術作品を作り、2020年の東京パラリンピックの開会式での ...

続きを読む »

東西南北

 来年のロシアW杯出場を決めているサッカーブラジル代表は、6月9日と13日に豪州メルボルンの地で、アルゼンチン、豪州と親善試合を行う。その代表メンバーが19日発表された。「欧州でプレーする何人かの選手には休暇が必要」との理由で、ネイマールは外された。今年2月に負傷したガブリエル・ジェズスが復帰した他、長く代表から遠ざかっていたダ ...

続きを読む »

リオ州ラヴァ・ジャット=カブラル氏8件目の被告に=汚職継続目的で就任の局長も

元知事を巡る新たな作戦について記者会見で語る連邦検察庁のロドリゴ・チモチオ検事(Tomaz Silva/Agência Brasil)

元知事を巡る新たな作戦について記者会見で語る連邦検察庁のロドリゴ・チモチオ検事(Tomaz Silva/Agência Brasil)  リオ・デ・ジャネイロ州連邦地裁のマルセロ・ブレタス判事が16日、セルジオ・カブラル前同州知事に対する新たな起訴状を受理し、同被告はリオ州ラヴァ・ジャット作戦(LJ)などで8件目の裁判の被告とな ...

続きを読む »

東西南北

 ブラジルでの今年の母の日商戦は、売上が昨年同期より2%増え、3年ぶりの対前年比上昇となった。小売業者にとって、母の日はクリスマス商戦に次ぐ重要な商機だ。上げ幅は少なく見えるかも知れないが、15年がマイナス2・6%、16年もマイナス8・4%と続いた前年割れを覆しての反転上昇に、関係者も安堵した。凍結されていた勤続期間保障基金(F ...

続きを読む »