ホーム | サッカー 関連記事

サッカー 関連記事

東西南北

 来週は全ブラジルの目が、24日のルーラ元大統領の第2審裁判に釘付けになりそうな予感だ。裁判は午前8時30分からはじまり、午後3時頃には判決が出そうとのこと。この裁判の模様が当日、開催場所となる第4連邦地域裁から、ユーチューブを通じて生中継される。あまりにもたくさんの人が見るため、回線がパンクしないかが気になるところ。ブラジル国 ...

続きを読む »

イベント情報

【サッカー】 《サンパウロ州選手権》 <第2節> 1/20(土) ・サンパウロ対ノヴォリゾンチーノ(モルンビ・スタジアム) 1/21(日) ・ボタフォゴSP対パルメイラス(サンタクルズ競技場) ・サンカエターノ対コリンチャンス(パカエンブー・スタジアム) 1/22(月) ・サントス対ブラガンチーノ(ヴィラ・ベルミロ) ...

続きを読む »

東西南北

 昨日付本欄で報じた、サンパウロ市市内における29日から予防接種が可能な地域は以下の通り。まず、北部は全ての地域が対象。続いて西部はラポーゾ・タヴァレスのみで、南部はカッポン・レドンド、ジャルジン・アンジェラ、パレリェイロス、マルシラックなど。西部、南部はいずれも、感染の疑われる大サンパウロ市圏の他の市と隣接しているところだ。今 ...

続きを読む »

ロナウジーニョは政界に進出するのか?

ロナウジーニョ(Bruno Cantini/Clube Atlético Mineiro)

 伯国が誇ったサッカー界の英雄のひとり、ロナウジーニョがついに正式に現役引退を発表した▼もう2年以上も実戦での姿を見ていなかったことから、アナウンスがなくても引退しているものと想っていた人が伯国では多かった。それでも02年のセレソンのW杯世界一の立役者のひとりであり、メッシの前の時代のバルセロナのスーパースターで、「世界一プレイ ...

続きを読む »

ロナウジーニョついに引退=代理人の兄アシス氏が公表

アトレチコ・ミネイロ時代のロナウジーニョ(Bruno Cantini/Clube Atlético Mineiro)

 サッカーブラジル代表として、2002年の日韓W杯で優勝、また全盛期のFCバルセロナ時代には欧州チャンピオンズリーグを制覇と共に、2度のFIFA世界最優秀選手賞も受賞。その後ブラジルに戻り、アトレチコ・ミネイロでリベルタドーレス杯優勝も果たしたロナウジーニョ(37)が、現役引退を発表したと16、17日付現地サイトが報じた。  こ ...

続きを読む »

バルセロナ=ネイマールの穴を埋めたのはパウリーニョだった=目下チーム3位の得点源に

セレソンでのパウリーニョ(Lucas Figueiredo/CBF)

   攻撃の中心選手ネイマールが、フランスのPSGに移籍したことで、攻撃力が低下すると見られていたFCバルセロナFCだが、その穴を埋めたのは、同じブラジル人でも、ポジションの全くことなるパウリーニョだった。  昨シーズンまで猛威を振るった、ネイマール、リオネル・メッシ(アルゼンチン)、ルイス・スアレス(ウルグアイ)から ...

続きを読む »

Jリーグ=訪日直前のガブリエル・シャビエル直撃=ジョーと共に旋風起こすか?!=サンパウロ市出身ブラジル人Jリーガー

グアルーリョス空港から日本に出発する直前のガブリエル・シャビエル

 コリンチャンスで17年サッカーブラジル全国選手権の得点王とMVPに輝いた元セレソンFWのジョー(30)が、日本の名古屋グランパスに移籍することが昨年末に発表された。グランパスは最低でもJ1残留、あわよくば上位進出、カップ戦では優勝も狙いたい。そのためには助っ人ジョーの大活躍が欠かせない。そのジョーを活かす役割を期待されている攻 ...

続きを読む »

サッカー=コウチーニョがバルサに移籍=ロナウジーニョやメッシの「魔法」に魅せられ

フィリペ・コウチーニョ(Rafael Ribeiro/CBF)

 かねてから移籍が噂されていたイングランド・プレミアリーグのリバプール所属の、ブラジル代表フィリペ・コウチーニョ(25)が、FCバルセロナに破格の契約金で移籍することが6日に正式に決定した。今回の移籍金は総額1億6千万ユーロだ。  契約が決まった後のインタビューで、コウチーニョは「バルサでプレーすることはロナウジーニョの頃(つま ...

続きを読む »

東西南北

 3日にブラジルをアッといわせた、クリスチアーネ・ブラジル氏の労働相就任。父のロベルト・ジェフェルソン氏はメンサロンの暴露者であるだけでなく、政界に対しても歯に絹を着せぬ発言を行ってマスコミの注目を集める名物政治家だが、クリスチアーネもかなりの曲者。16年4月のジウマ大統領罷免の下院投票では、プラチナ・ブロンドに染めた超短髪に、 ...

続きを読む »

大耳小耳

 今年で10年目を迎えたカエル・プロジェクト(中川郷子代表)。かつてデカセギ支援団体はいくつかあったが、いまでは事実上ここ一つになった。日本から帰国した伯人デカセギ子弟の社会適応を援助するため、カウンセリングやポ語授業を行っている珍しい団体だ。聖州教育局とブラジル三井物産基金の支援を受けているが、同代表によれば、活動継続のために ...

続きを読む »