ホーム | 日系社会ニュース | 〝本場の〟タイで作られた=象のカレンダー進呈

〝本場の〟タイで作られた=象のカレンダー進呈

1月11日(土)

 [既報関連]オイスカ・タイ総局が作成した「象」の写真とイラスト付きの卓上カレンダー五十部が、オイスカ・インターナショナル本部(東京)を通してニッケイ新聞社に提供された。
 本紙既報(二〇〇二年一月十日、十二日、十二月十三日)の通り、皇太子ご夫妻に愛子さまがお生まれになったのを祝って、昨年十月、雌雄一対の象がタイ国民から日本国民に寄贈された。タイ国での象の生息地は東北地方のスリン県だという。今年のカレンダーは、そのスリン地方での象祭り、競技会、スポーツ、結婚式などの様子が、写真十二枚で紹介されている。イラストは子供たちに喜ばれるような絵。
 ニッケイ新聞社では、来週から、このカレンダーを希望者に無料で贈る。ただし、申し込み順に、一人一部に限定。本社営業部の阿部やえ子(本社ビル地階事務所)が取り扱っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ