ホーム | 日系社会ニュース | 猪突猛進で頑張る=いのしし会新年親ぼく会

猪突猛進で頑張る=いのしし会新年親ぼく会

1月11日(土)

 『いのしし会』(西徹会長)は十七日午後七時三十分から、サンパウロ市リンス・デ・バスコンセイロ通り三三五二番(地下鉄ヴィラ・マリアーナ駅下車)三重県人会館で第十八回新年親ぼく会を開く。会費は一人三十レアル、九十歳以上の猪同伴者と九十二歳の大猪は十五レアル。
 今年九十二、八十、六十八、五十六、四十四、三十二、二十、八歳になる人はだれでも参加できる。同伴者も歓迎される。西会長、水本清、磯部衛一、近沢宗貴さん四人が八日来社、「今年も交歓会を通じ、猪突猛進の勢いで元気に頑張りたい」と、猪年生まれの人たちの参加を促した。九十二歳の大猪には記念品が贈呈される。参加者全員に参加賞が贈られ、ビンゴなどの楽しい趣向が準備されている。
 『いのしし会』は二十年前に発足し、昭和天皇崩御の年とペルー大使公邸占拠事件の年以外は毎年、新年祝賀会を開いてきた。
 申し込み締め切りは十四日。電話=288・9185(西)、3031・3984(水本)、4178・3824(磯部)、5044・2689(近沢)。

image_print

こちらの記事もどうぞ