ホーム | 日系社会ニュース | 羽黒高サッカー部来伯=聖西日教連、親しく受入れ

羽黒高サッカー部来伯=聖西日教連、親しく受入れ

1月25日(土)

 聖西日本語教育連合会(佐藤吉洸会長)は、三年前から、連合会傘下の日本語学校生徒の山形県・羽黒高校での短期体験入学交流を行ってきたが、今年(去る一月十六日~二十日)初めて、同校から生徒が来伯、相互交流が実現した。やって来たのは、昨年サッカー山形県大会準優勝のサッカー部員(二年生十二人、一年生七人)。本街直樹体育科教諭(団長)、ジェロニモ・ワスケス・トレーナーが引率していた。
 羽黒高校の一行は、連合会のプログラムによって行動、滞聖中、コペルコチア、NCC両クラブチームと親善試合を行った。成績は1×2、3×4と二敗。試合のほか、モルンビー競技場、山形県人会、セアザ、市内旧都心の見学、メトロ、路線バスの乗車などを体験した。
 連合会加盟校の日語学習者のうち、日本の高校一、二年生の年齢に当たる生徒は僅少なので、前体験入学生たちが、自分たちの休暇中のスケジュールを解消して迎え、接待を行った。
 一行の宿舎は、ひまわり学園(佐藤吉洸園長)だった。ほとんど二十四時間体制で、早朝のカフェから就寝まで親身の世話をした。人数が多いのでシャワー、トイレ、洗濯機が不足、無理が生じたが、それでも支えきったのが、学園の父母の会のメンバーだった。カフェは各家庭から持参し、汚れ物も夕方各家庭に持ち帰り洗濯、目に見えないところでも真心を尽くしたという。
 十九日のお別れ夕食会には、連合会の役員、父兄、教師らが料理を持ち寄り、談笑が絶えない賑やかな懇親会になった。羽黒高校生が「乾杯」を合唱すると、連合会側は「上を向いて歩こう」を返した。〇三年度のサッカー山形県大会の健闘を祈り、別れた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日のサンパウロ市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 「ブラジルで農業を学びたい!」=兵庫県高校生ら農業研修で来伯2018年11月20日 「ブラジルで農業を学びたい!」=兵庫県高校生ら農業研修で来伯  次世代の農業リーダー育成を目指し兵庫県が実施する、『第40回若手地域農業リーダー育成研修制度』が4~17日まで実施された。県内の農業高校、大学に通う学生13人が参加し、サンパウロ、パラナ州各地の日系農家や団体などと交流した。  兵庫県立農業高等学校の佐々木達望さん( […]
  • 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」2018年11月14日 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」  ブラジル熊本県文化交流協会(田呂丸哲次会長)の創立60周年記念式典(小山田祥雄実行委員長)が、サンパウロ市の同会館で4日に開催され、母県からは小野泰輔副知事、森浩二県議会副議長、松田三郎県議、植松浩二熊本市副市長、田辺正信(まさのぶ)同市副議長らを始め、熊本日伯協会( […]
  • 県連故郷巡り=アララクアラ、ノロエステ巡訪=(1)=近年最多、参加者は159人=州境の町、ジャーレスへ2018年10月17日 県連故郷巡り=アララクアラ、ノロエステ巡訪=(1)=近年最多、参加者は159人=州境の町、ジャーレスへ  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「第49回故郷巡り」が、先月20~25日の6日間、グローバル旅行社により催行された。今年で30年目を迎える今回のツアーの訪問地となったのは、旧アララクアラ鉄道から旧ノロエステ鉄道にまたがる地域だ。近年では最多と見られる1 […]