ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2月26日(水)

 二十二日未明、サンパウロ州プレジデンテ・プルデンテ市のサンパウロ州立総合大学(Unesp)で開かれていた新入生歓迎パーティー中に男(四二)が侵入し、女性新入生(一八)を射殺する事件が発生した。男は警備員らと撃ち合いとなり、頭部を負傷した。警察は男がコカイン入り紙袋を六つ所持していたことから、麻薬密売者だとみて捜査している。
     ◎
 サンパウロ州で先週末、湖での溺死事故が三件あった。一件目はリベイロン・ピーレス市ビリングス湖で、泳げない少年(一七)が湖の深い場所にはまり、溺死した。マイリポラン市では、二十歳の女性が同市の湖で溺死した。もう一件はカイエイラス市内の湖で、溺れかかっていた友人を助けに湖に入った二人も溺れ、三人が死亡した。
     ◎
 二十二日から、全国の国道警察の電話番号が191に統一された。数カ月以内にProcon(消費者保護センター)、衛生管理局、州交通局、防災庁の番号も全国統一の三ケタ番号になる予定。
     ◎
 二十四日、飢餓ゼロ計画がピアウイ州南部の貧困家庭に対して実施された。グアリバス市とアカウアン市で五百人が五十レアルに相当する食料購入券を受け取ることになっているが、当市からサンパウロ市に移り住んだ人々は、「五十レアルじゃ、何の問題も解決しない。アカウアンには仕事がないんだから」と話している。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ