ホーム | 日系社会ニュース | バークリー音楽大学から=前川さん、一転サンバへ

バークリー音楽大学から=前川さん、一転サンバへ

3月4日(火)

 米国ボストンの名門バークリー音楽大学でクラシックを専攻・卒業し、日本帰国後に一転、サンバのボーカルをはじめたSoniaさん(本名=前川晴子、二六)が二月八日に来伯した。実は彼女、両親がブラジル駐在していた関係で、三年間こちらでアメリカンスクールに通っていた。
 「その頃は英語の勉強に手一杯で、サンバに興味はなかったんですが、バークリーに行ってから、逆にブラジル音楽を聞く機会が多く、改めでその凄さに気付きました」と回想する。
 卒業後、日本に帰国し、「やるなら今だ!」と三歳からやっていたクラシック音楽(マリンバ=木琴)から、サンバのボーカルに転向した。「もともと打楽器をやってましたから、メロディや歌詞より、リズムやグルーブ感(高揚したリズム感)のあるものが好き。クラシックのように1、2、3、4だけでいかない独特のグルーブ感に、どう歌を乗っけるのか、というのが楽しいですね」。
 日本におけるブラジル音楽バンドの老舗「シャカラ」を作った加々美淳さん(ギター、ボーカル)と、昨年四月から一緒に音楽活動をはじめた。
 加々美さんはバークリー音楽大学、ロンドン王立音楽院で学び、ブラジルでも国立マルセロ音楽院で民族音楽の研究をした後、八五年に日本へ帰国し、同バンドを作った。アルバム『レシーフェの風』などが有名。ブラジル音楽に造詣が深く、坂本龍一、小室哲哉、ザ・ブームなどにも音楽面の協力もしている。
 加々美さんは現在リオで新CDの収録をしており、前川さんはそれに同行してきた。「収録に参加しているブラジルのミュージシャンたちは、本当に凄い人ばかり」と驚く。「リオのバールの生演奏に飛び入り参加して、何曲か歌わせてもらいました。〃日本人がサンバを歌ってる!〃って面白がってくれました」。前川さんらは三月七日に帰国する予定。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ選裁=クリヴェラの市長選出馬危機=大統領派の判事が助け舟出す2020年9月23日 リオ選裁=クリヴェラの市長選出馬危機=大統領派の判事が助け舟出す  21日、リオ選挙地域裁(TRE)が、リオ市長のマルセロ・クリヴェラ被告に対する公職濫用疑惑の審理を行い、大半の判事が有罪で「8年間の選挙出馬禁止」判断を下した中、ボウソナロ大統領から指名されたばかりの判事の見直し要求で、結論が先延ばしとなった。22日付現地紙が報じてい […]
  • 《ブラジル》リオの年越しイベント客無しで?=カーニバルは5、7月説も2020年7月28日 《ブラジル》リオの年越しイベント客無しで?=カーニバルは5、7月説も  新型コロナウイルスの影響により、年越しイベント(レヴェイオン)やカーニバルのようなサンパウロ市やリオ市に代表される大型イベントの開催が、続々と中止や延期になっている。25~27日付現地サイトが報じている。  年越しイベント「レヴェイオン」に関しては、サンパウロ市のパ […]
  • 東西南北2020年7月23日 東西南北  サンパウロ市カーニバルのデスフィーレ(パレード)に出場するエスコーラ・デ・サンバ(サンバチーム)が「来年のカーニバルは5月に開催してほしい」と、主催者である市に希望していることがわかった。通常は2~3月。20日にスペシャル・グループに属するチームの連合会「LIGASP」の会合 […]
  • 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲2020年7月17日 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲  保健省による16日晩発表で、新型コロナウイルスの感染者数が200万人を超えた。1日の感染者数は4万5403人(計201万2151人)、死亡者数は1322人(計7万6688人)となり、依然として米国についで世界2位だ。現在に至るまでの2カ月間、正式な保健大臣は任命されず […]
  • 《リオのカーニバル》「ワクチン無しなら開催不可」=主要サンバチームが強く主張2020年7月16日 《リオのカーニバル》「ワクチン無しなら開催不可」=主要サンバチームが強く主張  リオのカーニバルに参加するスペシャル・グループに属するエスコーラ・デ・サンバ(サンバチーム)から「コロナウイルスのワクチンが開発されない状態なら、パレードはできない」との意見があがっているという。15日付伯字サイトが報じている。  これは14日、リオのカーニバルを主 […]