ホーム | 日系社会ニュース | 援協総会、29日に

援協総会、29日に

3月4日(火)

 第四十回援協(和井武一会長)定期総会が、三月二十九日午後二時に招集(官報に公告済み)されている。会場は文協ビルの新館展示室。定例議事のほか、理事、監事の選挙(シャッパ制)が行われる。役付理事の選挙は、当日選任された理事によって行われる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 在クリチバ総領事館=選挙登録出張サービス=マリンガで5月5日2012年4月13日 在クリチバ総領事館=選挙登録出張サービス=マリンガで5月5日 ニッケイ新聞 2012年4月13日付け  在クリチバ日本国総領事館(山口登総領事)の『在外選挙登録受付出張サービス』が5月5日(午前9時〜正午、午後1時半〜5時)にマリンガ文化体育協会(Av. Kakogawa, 50)である。 […]
  • 上田大使2015年4月25日 商議所昼食会=上田善久パ国大使が講演=パ国発展の可能性説く  ブラジル日本商工会議所(村田俊典会頭)の定例昼食会が10日、サンパウロ市内のチボリホテルで行われ、会員ら150人が参加した。 パラグアイ共和国駐箚特命全権大使の上田善久氏が、「パラグアイの国情と好転する投資環境」をテーマに講演した。 上田氏はパラグアイの投資対象国としての […]
  • 大耳小耳2013年12月17日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年12月17日  文協評議員会では1億円の使い道よりも、むしろ、国士舘大学スポーツセンター(サンロッケ市)の方が熱心に議論された。「赤字経営での存在意義はいかに」との意見に、文協側としては「センターを大切にしたい」意向を再度強調し、施設内の道路舗装など設備 […]
  • 《ブラジル》前史時代の爬虫類の化石=11歳の少年が見つける2019年7月20日 《ブラジル》前史時代の爬虫類の化石=11歳の少年が見つける  ブラジル北部のアクレ州ブラジレイアで、11歳の少年が、前史時代の爬虫類の化石を見つけた。  父親のジョゼ・ミリタン氏(58)と共にアクレ川に釣りに来ていたロブソン・カヴァウカンテ君が、川岸で何か感触の違うものを踏んだのに気づいたのは11日。  翌日、現場に戻ったミ […]
  • カンピーナス文協=親睦カラオケ大会=29日2009年3月20日 カンピーナス文協=親睦カラオケ大会=29日 ニッケイ新聞 2009年3月20日付け  カンピーナス日伯文化協会カラオケ部(宮村明子会長)は二十九日午前八時から同会館(Rua Camargo Paes,118)で、恒例の親睦カラオケ大会を催す。 […]