ホーム | 日系社会ニュース | 「農業の基本は土造り」=がんこ村社長が主張=「原点に返れ」と横森さん=「地域のブランド商品作れ」

「農業の基本は土造り」=がんこ村社長が主張=「原点に返れ」と横森さん=「地域のブランド商品作れ」

3月6日(木)

 自然農法生産者協同組合(APAN)主催で八、九日、イビウーナ市役所で講演する横森正樹さん(六二)がブラジルに到着、あいさつのため来社した。八年前に来伯しており、今回で二回目。横森さんは、「農業の基本は土造りに尽きる。原点に返れ」と主張。「末期がんと同じで、農業も連作障害などが出てきてからでは手遅れ。地力をつけておけば病気も出ない」と説明する。

 「人の仕事に手を出すな」と強調する。「銀行が本来の仕事をやらずに冠婚葬祭、保険などに手を出すからつぶれる。農家が商社の真似をするから経営困難に陥る。コチア産組中央会が崩壊した原因もそこにある」と手厳しい。
 日本の複雑な流通システムについても、一家言ある。「川上と川下の距離を短縮しろ」と提唱する。新しい通信技術と輸送技術を駆使して、生産者と消費者を直接結びつけるように努力すべきという。横森さんは、トラックの運転手が小売店の注文を取り、その注文書を農家に直接渡すようにして、安くておいしい新鮮な農産物を消費者に届けるシステムを確立した。
 農業を含めた企業は逆境の時には、利益ゼロでも持ちこたえる事が大事。横森さんは、地域に根差した地域のブランド商品を作って待っていれば、必ずすばらしい時代がやってくる、とみる。
 南米の農業従事者はアメリカ、日本の真似をすればいい。足踏みは許されない、よく勉強する必要があるとアドバイスした。「土に返れ。原点に返れ」と繰り返し強調した。
 講演の問い合わせは電話=5542・6034。
 [横森正樹]
 がんこ村取締役、信州がんこ村代表取締役社長、つがる高原がんこ村取締役、青森県川内町農業振興顧問、長野県環境審議委員。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 椎の実学園=音楽発表会=21日2007年10月17日 椎の実学園=音楽発表会=21日 ニッケイ新聞 2007年10月17日付け  椎の実学園主催の「第四十一回音楽発表会」が、二十一日午後四時からバッカレリ劇場(Rua Estado de […]
  • 奈良県人会=県議団を歓送2008年6月19日 奈良県人会=県議団を歓送 ニッケイ新聞 2008年6月19日付け […]
  • 大耳小耳2010年9月9日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2010年9月9日付け […]
  • 《ブラジル》環境相が森林火災対策中止を発表して評価上げる?!=アマゾン責任者の副大統領が慌てて否定2020年9月1日 《ブラジル》環境相が森林火災対策中止を発表して評価上げる?!=アマゾン責任者の副大統領が慌てて否定  リカルド・サレス環境相が8月28日、予算凍結を理由に、「森林伐採や森林火災を取り締まる全ての活動を中止する」と宣言した。だが、その直後にアミウトン・モウロン副大統領が「対策費は凍結されていない」と弁明し、森林対策は継続と約束した。8月28~31日付現地紙、サイトが報じ […]
  • 今週末の催し2007年8月3日 今週末の催し 2007年8月3日付け 土曜日  視覚障害者世界選手権大会(第八日)、四日、陸上競技(イカロ・デ・カストロ・メーロ競技場、イビラプエラ)、柔道(UNIBAN、マリア・カンジダ街1813、V・ギレルメ)。六日が競技最終日。      □ […]