ホーム | 日系社会ニュース | 日本語独学「織田信長」好き=フォルタレーザ 非日系学生ヘンドリックさん

日本語独学「織田信長」好き=フォルタレーザ 非日系学生ヘンドリックさん

3月19日(水)

「日本史の中では、織田信長がおもしろい。石川五右衛門も好き」と少し早口だが流暢な日本語で話すのは、フォルタレーザ市にあるセアラ州立大学社会科学部のヘンドリック・リンデラウフさん(二一)。小さいころから独学で日本語を勉強し、今では同市に在住の日本人と全く不便なく会話できる。日本人の留学生、研修生や観光客が来る度に、市内を案内したりしている。親しくしている同大学日本語講座の原澤一弘講師や、他の日本人の友人もその熱心さと上達ぶりに舌を巻く。
六歳くらいの時に、友達の間で忍者や日本の武術が流行った。他の友人はやがて興味を失ったが、自分だけはなぜか、その後も興味を失わなかったという。平仮名、片仮名の独学に進むまで、時間はかからなかった。
「街で日本人を見かけた時は、追いかけていって話しかけたりしました」と語る。日本語がうまい、と褒められる度に、自信をつけ、さらに勉強する気になった。上達の秘訣を尋ねると、「僕はあつかましいから。でも、厚かましくないとダメ、と思ってるよ」との答え。
視線は日本だけでなく、日本移民にも向けられている。臣道連盟についてのフェルナンド・モラエス氏の著書〃CORACOES SUJOS〃も読破した。
「時々、どうしてこんなに日本語を話しているのか不思議になることがある」とさえ話す。英語を話そうとした時に、日本語と単語を混同してしまい、うまく話せないこともある。
「日本史は面白過ぎる。日本で勉強したい」というヘンドリックさん。葛飾北斎などの日本美術にも興味がある。
父親はオランダ人移住者。「僕は二世。だけど、(オランダには)全然興味がない。自分でもちょっと変だと思うよ」とあっけらかんとした様子。将来の夢は、と尋ねると、「もっと流暢な日本語を話せるようになりたい。あとは、日本に行くこと。これは、僕の人生だから」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 手塚、宮崎アニメが10日から=ブラジル銀行文化センターで2007年10月10日 手塚、宮崎アニメが10日から=ブラジル銀行文化センターで ニッケイ新聞 2007年10月10日付け  ブラジル銀行文化センター(Rua Alvares Penteado 112, Centro, Sao Paulo)は、アニメ特集・講演会「MESTRES DO […]
  • 国内消費の伸びは最小=融資利用は回避する傾向=公共支出や補助は削減か?2014年11月11日 国内消費の伸びは最小=融資利用は回避する傾向=公共支出や補助は削減か?  地理統計院(IBGE)が8日、今年の国内消費は前年比1・7%の伸びで終わりそうだと発表したと9日付エスタード紙が報じた。 ブラジルの国内消費は03年に0・8%のマイナス成長を記録したものの、04年以降は年平均4・6%伸びており、08年に勃発した国際的な金融危機などをいち早 […]
  • コラム 樹海2012年8月1日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年8月1日付け […]
  • ピンドラーマ=8月号2017年8月10日 ピンドラーマ=8月号  コジロー出版社のブラジル情報誌『ピンドラーマ』8月号が発刊された。  「移民の肖像」ではパラー州サンタレン市在住で、日本食レストランを経営する岡田夫妻の半生を描く。妻ハマ子さんは54年にゴム採取のため家族で渡伯したものの、数カ月働いた後に「仕事は今日限り。ここから出て行って […]
  • 東西南北2018年7月13日 東西南北  サンパウロ市地下鉄(メトロ)5号線4駅の完成予定がまた延期された。同市南部のサントアマーロ地区からモエマ地区を通る5号線は、サンパウロ市を南北に走る1号線や、東西に走る2号線に繋がる予定だ。昨年9月、今年3月、4月と少しずつ駅が増え、あと3駅で1号線に、更にもう1駅で2号に繋 […]