ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海


 日本民族のルーツ探しは難しいものらしい。南洋系もあるし北方説も捨て難い。いや─方々の人種混血だと説く学説が有力なようだ。このせいかどうか。日本は中国や朝鮮あるいは南方と北方などから積極的に文化を導入し独特なものを作り上げた歴史を誇る。漢字が典型的だし生活に密着したものも多い。そんな混合文化から成り立っているのが列島らしい▼今や「文化の多様性」が語られる時代ながら、これは口にするほどに容易ではない。異文化を排他的に捉らえがちだし自文化を尊いとする傾向が強いのは否定しえない。だが、長い目で見れば隣近所の国々は相互に影響しながら新しい文化を育ててきたのは間違いない。古くはアラビア(イスラム)文化が西洋に合流して大きな河となりルネッサンスという掛け替えのない文化を生んだ▼そのアラビアはギリシャに学び砂漠という広漠たる風土を背景にしてイスラム教を基礎にしながら革新的な文化を誕生させたのである。哲学・文学・建築・絵画・陶器と現代人をも驚かすような美術や神学を創造し、西方諸国をも呑み込む勢いを見せた。建築では回教寺院のモスクの優美さと華麗。文学には「千夜一夜物語」で有名なアラビアン・ナイトもある▼王様に千夜と一夜かけて語る恋の話などの物語を一夜ずつ綴るのだからかなりの長編なのに世界中でこれほど読まれた本も珍しい。そんなイスラム文化の基盤を設えたアッパース朝のイラクと米英が干戈を交えるとは─歴史の皮肉なのか。いや、文化の違いかも知れない。  (遯)

03/03/25

image_print

こちらの記事もどうぞ