ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海


 福岡県人会の役員の間の抗争は、二つの臨時総会の招集、それを流会させる、(提訴で)つぶす――など、本来あってはならない様相を呈している。壮年から熟年に達している、分別盛りの人たちの争いだ。どう見ても得るものは何もない。苦いものが残る。反面教師にはなるが、傍(はた)から見ていると滑稽なだけだ▼県人会というものは「事業をやっている」とはいうものの、そもそもは事業などをやる団体ではなかった。同郷人が集まって、同じ訛り(なまり)でしゃべり、唄って親睦をしようというのが、原点だった。それが事業をするから、定款をつくり公認団体になろう、のあたりから、県人会によっては人事にかかわる諍いが生じ出した▼福岡県人会の場合、母県との交流は過去密なものがある。忘れてはならないのは、恩恵をこおむってきたことだ▼二十四年間にわたる母県による農業実習生の派遣、ブラジル側受け入れは、大成功事業だったといっていい。ブラジル研修OBたちは、帰国後「赤い大地の会」を結成した。毎年、新しい一行が来伯するたびに、大地の会の会員は何人になりましたか、と質した。近年は二百人余の大きな数字を挙げ、誇らしげだった。この事業が今度の抗争の発端とは情けない▼昨年は母県から和太鼓、指導者が来て、近く鯉幟である。今度はなにか〃お返し〃の番ではないのか。互いに譲るべきは譲って、玄界灘にも似た激しい、熱い血はほかで活用してほしいと思う。
(神)
03/05/30

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]