ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海


 都会も物騒だが、地方とくに農村地帯の治安も同様になってきた。今年のカルナバル前後だったか。近郊スザノ在の歌人が近況を伝えてくれたことがあった。電話線が盗まれ、ひどいときは電話を使えるのが週に二日程度。電話局が来て架線すると夜にはまた切り盗られてしまう。どの家もあきらめて携帯電話を購入したそうだ。「家までは侵入して来ないのでまだ増しだネ」と慰めあっていると、かなり滅入った〃便り〃だった▼その後も薬局に強盗が押し入ったり、盗難被害は絶えない。このうえは番犬に頼るしかないと十匹近い犬を飼う家家も。犬が怖い人は外出を控え、近所付き合いも〃ケータイ〃で済ますほどになってしまった…。町や村の有力者は防犯対策で頭をいためっ放しだ。自衛の策をいくら編み出しても神出鬼没の狼藉者を取り押さえる術がない。犯罪はエスカレートしてきて傷害、殺人にまで及ぶ。残忍この上もない▼モジ・ダス・クルーゼス、スザノでの相次ぐ農家強盗事件を重視した軍警が対策(二十九日付本紙7面)を打ち出した。オートバイなど機動性を駆使して警邏を徹底させるという。スザノの場合は、市長、市議、軍警、農業者が一堂に会し、防犯対策を立ち上げた。市を挙げての取り組みである▼「警察は何もしてくれない」の思いが市民の頭から払拭されることを期待する。警察は実績をもって応えるはずだ。治安維持の要諦は相互の信頼関係と協力にあると思う。
(田)

03/06/04

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2007年9月1日 東西南北 2007年9月1日付け  被告人を多勢迎えた裏金公判で最高裁のグラシエ長官と検察官の会話。 グ「整理券を発行し、ハイ、次、ハイ、次とやったらどうかしら。四十人は少ないわネ。もっと大勢居たはずなのに」 […]
  • エネルギー投資セミナー=駐日ブラジル大使館など2021年4月20日 エネルギー投資セミナー=駐日ブラジル大使館など  駐日ブラジル大使館(エドアルド・サボイア駐日ブラジル大使)と一般財団法人海外投融資情報財団(中西孝平理事長)主催、日本ブラジル中央協会(大前孝雄会長、東京都所在)が後援して、「ブラジルのエネルギーセクターにおける投資機会セミナー」を26日10時~11時(日本時間)に、会議アプ […]
  • 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第82回2013年5月25日 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第82回 ニッケイ新聞 2013年5月25日  祖父の言った言葉にジョゼは素早く反応した。 「それは日本の俳句とは違うさ」  ブラジルで流行している俳句とはいったいどんなものなのか。季語を詠み込まなければならない俳句に、四季のない国で季語はどうなっているのだろうか。 […]
  • 歌い易さは思いやりの表れ2018年5月10日 歌い易さは思いやりの表れ  今年も5月第一日曜日に、サンパウロ市の静岡県人会館で橘和音楽祭が行われた。橘和オズワルド・保江夫妻とその子供達や配偶者、孫まで参加するバンドの生演奏やカラオケでの歌、シンセサイザーの演奏、コーラスを楽しむ中、歌手の一人が「橘和バンドは歌い易い」と言った▼その言葉を聞いて、橘和 […]
  • 新日系コミュニティ構築の鍵を歴史に探る=傑物・下元健吉=その志、気骨、創造心、度胸、闘志=ジャーナリスト 外山脩=(6)2020年4月3日 新日系コミュニティ構築の鍵を歴史に探る=傑物・下元健吉=その志、気骨、創造心、度胸、闘志=ジャーナリスト 外山脩=(6) いごっそう  ビーラ・コチアに次いで各地に、総領事館の支援によって、邦人産組が次々と生まれた。だが、これらは総て館の奨めと指導によって、そうした。コチアは1918年以降、自ら企て、何度も失敗しながら、10年近くかけて実現した。この先行ぶりと粘りは尋常ではない。 […]