ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海


 星野監督が率いる阪神は騎虎の勢で快進撃中である。「虎に怖いものなし」の見出しが本紙スポーツ面に躍っていたけれども、今や恐れるものなしの勢いでファンを沸かせる。宿敵・巨人ジャイアンツは二位に迫ってはいるが、その差は八・五ゲームと大きい。これまでの六十一試合で勝ち星が四十一で負けが十九。勝率は六割八分三厘の堂々たるものである▼尤も開幕に強いのはタイガースの持ち味だし、昨シーズンも「これなら優勝確実」と大騒ぎしたはいいのだが、中盤になると負け癖の疫病神が忍び寄り一年生監督の原・巨人に胴上げを許してしまったのは残念無念。と、ファンは悔しがる。だが、今年こそはーと投手の一投には熱が入るし選手らのバットも火を吐く。物干し竿を奮い大活躍した往年の藤村富士男選手の復活かと思う▼阪神には名選手が多かった。七色の変化球で鳴らしたハワイ出身の投手・若林忠志。捕手には名人・土井垣がおり一塁は別当薫。呉選手などの好選手もいて巨人・川上哲次や青バットの東急・大下弘らと張り合ったのも懐かしい。こうした世代からは少し下がるけれども遊撃手には達人と評された吉田選手がいる。後に監督として指揮し阪神に優勝旗を齎した小柄な名手だ▼あの阪神優勝からもう十八年も経つ。監督と選手の軋轢とかが重なったりで成績は「負け組」ながら今の力ならば今年は決して夢ではない。仮に優勝すれば、一千億円超の経済効果もあるそうだし、ここはひと踏ん張りを期待したい。(遯)

03/06/14

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • サンフランシスコ川に鉱毒が流れ込んだら悪夢…2019年2月12日 サンフランシスコ川に鉱毒が流れ込んだら悪夢…  人生における「幸運の総量」は決まっているのか?――3年前のマリアナの鉱滓ダム決壊で生き延びた人が、今回のブルマジーニョでは行方不明になったとの報道に接し、そんなことを考えさせられた。2月3日付ヴェージャ誌サイトによれば、溶接工エリジオ・ジアスさん(32)はヴァーレの下 […]
  • ネイマールはこのままでいいのか?2019年2月8日 ネイマールはこのままでいいのか?  昨年のW杯でいまひとつ活躍できず、むしろ髪型や大げさな転倒などをからかわれたネイマール。それ以降、イメージのよくない彼だが、今週、「果たして彼に、自覚はあるのか?」と首をかしげずにはおれない行動をとった▼それは4日夜にパリで行なわれた彼の誕生会だった。27回目の誕生日 […]
  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • なんとか体裁の整ったコパ・アメリカ2019年2月1日 なんとか体裁の整ったコパ・アメリカ  現在、アラブ首長国連邦で開催されているサッカーのAFCアジア・カップ。今回のトーナメントで日本代表は大活躍し、今日1日ブラジリア時間の正午にカタールと優勝をかけて決勝を戦うが、これは南米サッカー界にとっても思わぬうれしい結果となった▼なぜなら、6月に行なわれる、サッカ […]