ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海


 星野監督が率いる阪神は騎虎の勢で快進撃中である。「虎に怖いものなし」の見出しが本紙スポーツ面に躍っていたけれども、今や恐れるものなしの勢いでファンを沸かせる。宿敵・巨人ジャイアンツは二位に迫ってはいるが、その差は八・五ゲームと大きい。これまでの六十一試合で勝ち星が四十一で負けが十九。勝率は六割八分三厘の堂々たるものである▼尤も開幕に強いのはタイガースの持ち味だし、昨シーズンも「これなら優勝確実」と大騒ぎしたはいいのだが、中盤になると負け癖の疫病神が忍び寄り一年生監督の原・巨人に胴上げを許してしまったのは残念無念。と、ファンは悔しがる。だが、今年こそはーと投手の一投には熱が入るし選手らのバットも火を吐く。物干し竿を奮い大活躍した往年の藤村富士男選手の復活かと思う▼阪神には名選手が多かった。七色の変化球で鳴らしたハワイ出身の投手・若林忠志。捕手には名人・土井垣がおり一塁は別当薫。呉選手などの好選手もいて巨人・川上哲次や青バットの東急・大下弘らと張り合ったのも懐かしい。こうした世代からは少し下がるけれども遊撃手には達人と評された吉田選手がいる。後に監督として指揮し阪神に優勝旗を齎した小柄な名手だ▼あの阪神優勝からもう十八年も経つ。監督と選手の軋轢とかが重なったりで成績は「負け組」ながら今の力ならば今年は決して夢ではない。仮に優勝すれば、一千億円超の経済効果もあるそうだし、ここはひと踏ん張りを期待したい。(遯)

03/06/14

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 経済発展の原動力描く「移民のブラジル」2019年8月20日 経済発展の原動力描く「移民のブラジル」  米国の衛星放送及びケーブルテレビの番組供給会社「ヒストリー(History、歴史)」は、ブラジル独自に新シリーズ「Brasil de […]
  • そして「彼」までも去って行った2019年8月16日 そして「彼」までも去って行った  「ついに『彼』までも離れてしまったか」。これが13日に、アレッシャンドレ・フロッタ下議が、所属の社会自由党(PSL)から追放処分を受けた際にコラム子が思ったことだ。そして同時にこうも思った。「ボウソナロ信者から離れるる人で一番やっかいなタイプはこういう人なんじゃないか […]
  • 今日は喜んでも明日は泣く?2019年8月15日 今日は喜んでも明日は泣く?  13日付エスタード紙に、「今日喜んでいる農業生産者は、明日泣く事になる」という題の記事が出た▼ブラジル農牧業連合元会長で、元農務大臣のカチア・アブレウ上議の言葉だ。下議時代のアブレウ氏は農地開発を積極支援し、環境保護には反対の立場だった。故に、農牧業や鉱業発展のためにアマゾン […]
  • 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア2019年8月13日 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア  10日(土)付エスタード紙は実に興味深い紙面になっていた。論説がのるA2面のトップ寄稿に、ジョアン・ドリア聖州知事が思いっきり〝中国愛〟をぶちまけていたからだ。  いわく《1万6千キロの距離、11時間の時差。サンパウロと北京の間にあるこの地理的障壁を越えて、今週、聖 […]