ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海


 星野監督が率いる阪神は騎虎の勢で快進撃中である。「虎に怖いものなし」の見出しが本紙スポーツ面に躍っていたけれども、今や恐れるものなしの勢いでファンを沸かせる。宿敵・巨人ジャイアンツは二位に迫ってはいるが、その差は八・五ゲームと大きい。これまでの六十一試合で勝ち星が四十一で負けが十九。勝率は六割八分三厘の堂々たるものである▼尤も開幕に強いのはタイガースの持ち味だし、昨シーズンも「これなら優勝確実」と大騒ぎしたはいいのだが、中盤になると負け癖の疫病神が忍び寄り一年生監督の原・巨人に胴上げを許してしまったのは残念無念。と、ファンは悔しがる。だが、今年こそはーと投手の一投には熱が入るし選手らのバットも火を吐く。物干し竿を奮い大活躍した往年の藤村富士男選手の復活かと思う▼阪神には名選手が多かった。七色の変化球で鳴らしたハワイ出身の投手・若林忠志。捕手には名人・土井垣がおり一塁は別当薫。呉選手などの好選手もいて巨人・川上哲次や青バットの東急・大下弘らと張り合ったのも懐かしい。こうした世代からは少し下がるけれども遊撃手には達人と評された吉田選手がいる。後に監督として指揮し阪神に優勝旗を齎した小柄な名手だ▼あの阪神優勝からもう十八年も経つ。監督と選手の軋轢とかが重なったりで成績は「負け組」ながら今の力ならば今年は決して夢ではない。仮に優勝すれば、一千億円超の経済効果もあるそうだし、ここはひと踏ん張りを期待したい。(遯)

03/06/14

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選2020年7月31日 ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選  先週、大手週刊誌「ヴェージャ」が、「今、大統領選が行われたらボウソナロ氏が当選する」という調査結果を発表して多少話題となった。それに対し、「コロナ対策であれだけ失政をしておきながら、なぜ」と憤る人も少なくなかった。だが、「”今の状況”ならそうだろう」とコラム子は思った […]
  • 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語2020年7月28日 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語 5億年と37億年の差  一般的には「ブラジルは独立200年未満の新しい国」で、「日本は数千年の伝統を誇る古い国」というイメージが強い。だが、見方を変えると、ブラジルの方がはるか古いものがある。地層だ。  日本で一番古い地層は、茨城県日立市の周辺の5億年前の地層だという。《茨 […]
  • 《記者コラム》樹海=市長選を前に左派勢力図に異変2020年7月24日 《記者コラム》樹海=市長選を前に左派勢力図に異変  今年の全国市長選は新型コロナウイルスの影響で、通常より1カ月遅い11月に行われるが、今の時点で早くも「異変」が現れている。しかも、それは「左派」に顕著に出ている。「左派の雄」のはずの労働者党(PT)がピリッと来ないのだ。  しかもそれは2016年のように「ラヴァ・ジャット作 […]
  • 《記者コラム》ブラジルで「伝統」になった米国南部連合の旗2020年7月21日 《記者コラム》ブラジルで「伝統」になった米国南部連合の旗 「虐げられた人々」が集まるブラジルの不思議  世界中からアメリカに移住したい人は多いだろうが、その逆は少ない。歴史的に見ると、ブラジルは数少ないそんな国の一つだ。「どうして世界で最も豊かな米国から、危なくて貧乏そうなブラジルへ?」と不思議がる人もいるだろうが、そこには歴史的理 […]