ホーム | 日系社会ニュース | 花やか、いわて芸能祭―岩手県人会創立45周年祭を祝う

花やか、いわて芸能祭―岩手県人会創立45周年祭を祝う

7月29日(火)

 「移住された皆様は、幾多の困難に遭遇されながらも、岩手県人特有の真面目で粘り強い精神をもって克服し、今日の揺るぎない地歩を築かれました」――。増田寛也・岩手県知事は力強くその功績を称えた。
 二十七日午前十時過ぎから文協講堂で開催されたブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)創立四十五周年記念式典の会場には、予想の五百人を超える約七百人がつめかけて慶祝した。
 母県からは県知事夫妻をはじめ、藤原良信・県議会議長夫妻、渡辺勉・花巻市長、郷土民謡使節団、農協観光慶祝団(佐々木覓団長)など四十二人、国内ではベレン、国外ではパラグアイからはピラポ、イグアス、アスンシオン岩手県人会から四十五人、ニューヨーク県人会からも二人を迎え、盛大に祝われた。
 千田会長は、同郷人の親睦の拠り所として結成された県人会は「日系社会と相互交流、母県への留学制度などにより子弟の育成、母県との親密な交流、最近は海外県人会同士との交流までその輪を広げることに」と歴史を振り返り、「留学研修制度を今後とも継続していただき、ブラジル発展へと繋いで頂きたいと願っております」と力を込めた。
 県知事より文協・援協・県連の三団体に寄付金が贈呈され、議会議長、花巻市長らからも記念品が県人会へ贈呈された。県知事表彰・賀詞表彰が四人に、移住功労者に対する表彰状が百二歳の阿部フサヨさんら十九人に手渡された。
 式典後、祝賀昼食パーティに続き、午後一時半から「いわて芸能祭り」。最もレベルが高い芸能の数々、郷土民謡や「鹿踊り」(花巻市春日流)、パラグアイ芸能使節団の「鬼剣舞」などを午後四時までたっぷり披露。TV岩手にも出演する司会の中川愛子さんの郷土訛と軽妙な会話に、出席者は懐かしい故郷の薫りを思い出し、気持ち良く酔いしれた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え2018年9月6日 岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は「県人会創立60周年・県人移住100周年記念式典」を先月26日、サンパウロ市リベルダーデ区にある電気工組合ホールで開催した。母県から達増(たっそ)拓也知事、佐々木順一県議会議長をはじめ、市町や企業の代表者、郷土芸能使節団ら約40 […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • 国体で母県へ、岩手県人会=伝統芸能で開幕に「誇らしい」2016年10月22日 国体で母県へ、岩手県人会=伝統芸能で開幕に「誇らしい」  今月11日に閉幕した希望郷いわて国体のため、ブラジル岩手県人会から千田曠暁会長ら6人が日本を訪れた。1日の開会式を現地で観戦したほか、県庁への表敬訪問や他国の県人会と交流する機会も設けられた。  一団は28日に県庁を訪問し、その後、県人会報への記事提供などで交流のある岩 […]
  • パラナ州知事と会談、連携強化へ=兵庫県副知事ら県庁一行=州都で紹介セミナー開催2016年9月20日 パラナ州知事と会談、連携強化へ=兵庫県副知事ら県庁一行=州都で紹介セミナー開催  パラグアイ日系人移住80周年式典にあわせ、兵庫県の荒木一聡副知事ら県庁一行が来伯した。10日にサンパウロ市のニッケイパラセホテルで兵庫県人会(松下瞳マルリ会長)から歓迎を受けた後、11日に友好提携先のパラナ州都クリチーバ市で兵庫県主催の「ひょうごセミナー」を開催。12日に […]
  • 大耳小耳2016年9月6日 大耳小耳  パラグァイのイグアス農業協同組合機関紙「組合だより」192号によれば、熊本地震被災者復興支援として、農協職員有志が焼き鳥や巻き寿司などを作って販売し、その売上金を寄付した。大使館を通して送金され、後日、在パ熊本県人会からの感謝状が届いたとか。その書面には《送られて来ました日本 […]