ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 ワンマン宰相・吉田茂は、新聞社のカメラマンに水をぶっかけたりのご乱行もながら「公私を別にする」ことでも有名な政治家だった。今年、百歳を超し大磯でひっそりと泉下へと旅立った「おりん」さんと紋付き白足袋が似合う宰相の仲は知らぬ人がいないほど有名で新聞などもごく普通の記事にして報じる。当時はそんなことが許される時代だったのである▼だがー吉田茂首相はここからが厳しい。私的にはともかく公的な仕事のときには、乗用車もまったく別なのである。公と私を厳しく区分するのが「吉田流」であり、これがまた国民から拍手されたらしい。なのにー。今の日本はどうしたのだろう。背任容疑で逮捕された和歌山市の前市長・旅田卓宗被告は料亭の若女将と公用車で密会を重ねていたのだそうだからー市民たちは驚きびっくり仰天する▼それも五回や十回ではない。警察が運転日報を調べてみると二年間に百二十回もが記録されているのが解った。まだ他にもある。諸外国の視察と称して若女将を同伴しては韓国だ何処だと飛び回っている。しかも、旅費などは出入りの土建会社が支払っていたというから酷い話だ。こんな醜態を演じながら「公私の別はきちんと」と述べたりもしている▼政治家も恋はする。ウインザー公のように英国の王位を捨てシンプソン夫人と結婚したような熱っぽくも激しいのもある。旅田前市長にもこんな純真な心があったのかは真に疑わしい。恋を彩るのが「利権」という黒い壁と疑惑だけが浮かび上がってくるのではいかになんでも情けない。  (遯)

03/08/02

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「詰めが甘い」というモロ氏の弱点2020年5月8日 「詰めが甘い」というモロ氏の弱点  「5日はブラジル政界にとって歴史に残る大スクープになるのでは」。そう期待していた人も少なくなかった。だが、結局、それは起こらなかった。  この日、2日に行われたセルジオ・モロ前法相の「ボウソナロ大統領が連警捜査に干渉した」疑惑についての供述内容が全編公開された。だが […]
  • マスクをかければ大丈夫?2020年5月7日 マスクをかければ大丈夫?  ボウソナロ大統領が反隔離を叫び始めて以来、外出自粛に疲れた市民や経済的に困窮した企業家や労働者達による反隔離デモが増えた。  他方、欧米諸国ではコロナ被害がひどいが、アジアでは感染者や死者が少ないと不思議がり、理由を探る人もいる。  社会隔離策は世界中で採用されて […]
  • 【記者コラム】外国人になった日本人の気持ち、終わりのない長い旅2020年5月5日 【記者コラム】外国人になった日本人の気持ち、終わりのない長い旅 成田国際空港の「おかえりなさい」見てホッとする心情  海外在住日本人、移住者にとっての日常生活は、終わりのない長い旅のようだ。普通の人はふるさとに戻ることで、旅が終わる。それは祖国のどこかだ。  ブラジルで生活を始めて25年以上経ったが、いまだにどこかを旅してい […]
  • 大統領選でモロ対ボウソナロの可能性は?2020年5月1日 大統領選でモロ対ボウソナロの可能性は?  4月24日のセルジオ・モロ法相の突然の辞任はブラジル社会全体を揺るがした。このショックで、ボウソナロ大統領は熱狂的支持基盤を築いてきたSNSでの支持者数が万単位の人数で減少。大統領に大きなダメージまで与えている。  さらに言えば、ダッタフォーリャの世論調査で、モロ氏 […]