ホーム | 日系社会ニュース | パラグアイ=日系の陸軍司令官誕生=ホセ・ケイ・金沢氏

パラグアイ=日系の陸軍司令官誕生=ホセ・ケイ・金沢氏

8月29日(金)

 パラグアイ国陸軍司令長官に初めて日系人が任命された。名前はホセ・ケイ・金沢氏(五六、二世)。十五日のニカルノ新大統領就任式後、正式に任命された。
 同国の日系ジャーナル紙によれば、金沢氏は陸軍幼年学校に入学した後、士官学校へ進み、以後順調に昇進を重ね、この度、陸軍最高位に就任した。
 父親は金沢喜八さん(福島県出身)で、首都アスンシオンで造園業(Jardin Japones Kanazawa)を営む。母親はパラグアイ人。日本人が始めてパラグアイ移住した、伝統あるラ・コルメナで一九四七年八月二十七日に同氏は誕生した。家族は妻と息子二人、娘二人。
 階級の正式名称は「General de Division Comandante de las Fuerza Militares」。

image_print

こちらの記事もどうぞ