ホーム | 文芸 | 刊行 | 刊行物

刊行物

8月30日(土)

 『ブラジル日系文学』(第十四号)が、発行された。小説は「ピアーダ」(西尾勝則)、「緑色の象牙」(高橋干晴)、「パリャッソ(一)」(野口純夫)、「過度期の学園(其の後一)」(荒木桃里)、随筆八編、短歌(梅崎嘉明選)、俳壇(富重かずま、間嶋稲花水選)川柳(黒田不知火選)、詩(浜照夫選)、自由の広場、連載・ブラジル文学「時と風」(アンナ・テーラ篇、エリコ・ヴェリッシモ作、田畑三郎、八巻培夫共訳)、ほか。

image_print

こちらの記事もどうぞ