ホーム | 日系社会ニュース | 霊友会が慈善バザー=安価な食べ物が一杯

霊友会が慈善バザー=安価な食べ物が一杯

9月27日(土)

 ブラジル霊友会(岡本謙蔵会長)では十月十二日午前九時から同会館で、第十七回慈善バザーを開催する。例年二千人が詰めかける恒例の行事となっている。
 輸入物、国産品などのおもちゃ、贈答用品、新品や中古の服が業者によって販売される。また、同会活用委員会(三浦清子委員長)らにより、通常よりも安価な食べ物、ヤキソバ(六レアル)、シュラスコ(一・五〇)、寿司、天ぷら(一・二〇)、どら焼き(〇・八〇)、春巻き(一)なども用意される。
 当日は景品付きビンゴ、子供用のゲーム(魚釣り、射的)なども楽しめるそう。来社した三浦委員長は「みなさん、ぜひ家族揃ってお出かけください」と呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ