ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 水位、史上最低を記録=サンパウロ州知事、節水呼びかける

こちらの記事もどうぞ

  • カンタレイラ水系のジャグアリ貯水池(Luiz Augusto Daidone/Prefeitura de Vargem)2015年1月24日 大サンパウロ市圏=水不足の影響多方面に=過剰消費の追徴金上昇か=消えぬ給水制限の可能性  サンパウロ州の水不足は、各水系の貯水量低下や水道代の上昇にとどまらず、断水や給水制限の可能性の高まり、電力問題まで、複合的な影響を引き起こしていると、23日付伯字各紙が報じている。 サンパウロ州水道公社(Sabesp)新総裁ジェルソン・ケルマン氏は21日付フォーリャ紙で、 […]
  • 合意成立を喜ぶリオ州・聖州・ミナス州の知事(左から、José Cruz/Agência Brasil)2014年11月29日 水問題で3州合意成立=南パライバ川の利用巡り=施設完成は16年の見込み  最高裁で27日、サンパウロ州とミナス、リオの3州にまたがる南パライバ川の水利用に関する調停が行われ、3州知事間の合意が成立、サンパウロ州が同川に取水施設を建設するための入札準備に取り掛かる事が可能になったと28日付伯字紙が報じた。 3州知事には、各州が必要とする工事着工の […]
  • カンタレイラ=連邦地裁が厳しい判断=〃未開の水域〃の取水禁止=初回開放分来月末までもつか2014年10月15日 カンタレイラ=連邦地裁が厳しい判断=〃未開の水域〃の取水禁止=初回開放分来月末までもつか  サンパウロ州ピラシカバの連邦裁判所が10日、サンパウロ州水道公社(Sabesp)に対し、カンタレイラ水系では第2回目となる〃未開の水域〃の開放を禁じたと11日付伯字紙が報じた。 〃未開の水域〃は従来は利用できなかった取水口より低い部分の水で、カンタレイラ水系では5月15日 […]
  • ジャグアリの水力発電所(Cesp公式サイトより)2014年8月15日 聖・リオ両州で水紛争=南パライバ川への放水巡り=問題は大統領府で調整か  カンタレイラ、アウト・チエテ両水系の水位低下が著しいサンパウロ州が、サンジョゼ・ドス・カンポスにあるジャグアリ水力発電所ダムの放水量を減らした事で発生したサンパウロ州とリオ州の水紛争が、国家機関も巻き込んだ三つ巴のものとなり、大統領府に持ち込まれる可能性もある […]
  • 東西南北2018年7月31日 東西南北  ブラジルでは現在、大統領選に向けた党大会の真っ最中だ。次の日曜の5日までが開催期間だが、ほとんどの大統領候補はいまだに副候補が決まっていないのが現状だ。大型連立に成功したジェラウド・アウキミン氏は、たくさんの支援政党の中から誰を選ぶのかが注目されるし、少数政党の人気候補ジャイ […]