ホーム | 日系社会ニュース | 来月、日伯工芸美術展

来月、日伯工芸美術展

10月11日(土)

 [既報]第七回日伯工芸美術展(文協工芸委員会=川上久子委員長=主催)が、十一月七日から十二日まで、文協ビル大サロンと貴賓室で開催される(十日付「今週末の催し」の記事、十一日、十二日開催は誤り、お詫びして訂正します)。
 開場は、火曜~金曜は午後二時から六時まで、土曜~日曜は午前十時から午後六時まで。工芸委員会委員、招待作家、入選作品合わせて百四十三作品が展示される。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 地方統一選=サンパウロ市議に日系4人が当選=野村、羽藤、太田氏に新人も=1議席増、他市でも当選多数2016年10月4日 地方統一選=サンパウロ市議に日系4人が当選=野村、羽藤、太田氏に新人も=1議席増、他市でも当選多数  全伯の市長、市議を選出する地方統一選が2日に行われ、同日開票された。サンパウロ市では日系市議が4議席を獲得したほか、各地でも当選者が出た。主だった市の選挙結果を本紙が調査しまとめた。これ以外にも当選者がいる可能性はあり、折をみて続報していく予定。市長選についても後日、詳報 […]
  • 実録小説=勝ち組=かんばら ひろし=(9)2016年8月25日 実録小説=勝ち組=かんばら ひろし=(9)     *      * ――ここで説明をしておかねばならない。第二次世界大戦終了直後のブラジル日系コロニアは、通信の不自由だった事情もあって、絶対多数を占める日本の敗戦を認めないいわゆる『勝ち組』と、後には勢力を増したが当初はごく少数のインテリ連に限られた敗戦認識派、いわゆ […]
  • 《ブラジル》世界のメディアや環境団体から批判殺到=大統領の国連演説に=支持者向け主張に終始2020年9月24日 《ブラジル》世界のメディアや環境団体から批判殺到=大統領の国連演説に=支持者向け主張に終始  【既報関連】ボルソナロ大統領が22日に国連総会で行った演説が全世界的に強い反発を招いている。とりわけ、環境問題と新型コロナウイルス対策への批判が相次ぎ、事実と異なる発言を行ったことに疑問の声も出ている。23日付現地紙が報じている。  22日の大統領演説は、同氏陣営で […]
  • ピンガのうんちく満載=面白情報なら『ブンバ』2003年12月19日 ピンガのうんちく満載=面白情報なら『ブンバ』 12月19日(金) […]
  • 東西南北2018年3月7日 東西南北  W杯開幕まであと100日を切ったが、ブラジルからも、富裕層を中心に、ロシアに観戦旅行に行く人が存在する。ブラジルではロシアの通貨ロシア・ルーブルを売っている両替商は少なく、W杯需要を見越し、35%の手数料を取っているところもあるという。ドルやユーロを買う時の手数料3~6%と比 […]