ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

 あす十二日、ブラジルは「子どもの日」を迎える。
 一九二四年、連邦下院議員の提唱を受けた当時のベルナルデス大統領が国民の祝日とした。その後、この日を焦点に玩具会社が商戦を繰り広げるあたり、日本でいうバレンタイン・デーの製菓会社の思惑とそっくり。
 ところで、他国の「子どもの日」はいつ?
 日本は五月五日。四八年に国民の祝日となったが、この日は端午の節句として、はるか昔から祝われていた。
 トルコは第一次大戦後、「子どもは明日への新たなる始まり」と語ったムスタファが四月二十三日に制定、トルコ共和国の建国記念日同様、盛大に祝されている。
 モザンビークは六月一日が国際子どもの日。四三年六月、ナチスに多くの子どもたちが惨殺されたことを記すため、この日に制定された。(さ)

03/10/11

image_print

こちらの記事もどうぞ