ホーム | 日系社会ニュース | 台湾の建国記念日祝うー在コロニアー台伯関係強化を希求―コチア市に一大寺院建設―来年は仏教大学開校へ

台湾の建国記念日祝うー在コロニアー台伯関係強化を希求―コチア市に一大寺院建設―来年は仏教大学開校へ

10月14日(火)

  中華民国(台湾)の建国記念日(辛亥革命記念日)に当たる今月十日を前に、駐聖保羅台北経濟文化辧事處(何健功處長)は九日午後八時からサンパウロ市ジャルジン・アメリカ区内のブッフェで祝賀会を開いた。政財界など各界から約五百人が出席。台伯関係の強化などを願った。日系からは小林パウロ連邦下院議員が来賓として招かれた。台湾系禅宗が南米大陸最大の仏教寺院をコチア市に建設。竣工式が五日に開かれたばかりで会場は終始、熱気に包まれていた。
 「十」が二つ並ぶことから台湾の国慶節は双十節とも呼ばれる。辛亥革命によって、アジア初の民主主義政権、中華民国が樹立されて今年が九二年目。
 何處長は「今年はSARSの影響が懸念されていたが、ブラジルからの輸入は大幅に伸長。ブラジルには台湾系移住者が十万人おり、交流事業も活発化している。両国の友好関係を確立させたい」とあいさつ。
 国際社会から除外された形になっている本国の立場に理解を求めた。
 小林連邦下院議員は、台湾を国際社会に取り込むよう、連邦政府に働きかけている議員の一人。何處長はサンパウロ総領事だ、と述べ、会場から拍手喝采を浴びた。
 同議員は「先週、コチア市に南米最大の仏教寺院が完成。台湾系社会の勢いを感じた。サンパウロ市議に二人を輩出していることは、台湾系社会の誇り」と賛辞を送った。
 壇上では、民族舞踊などのショーが企画され、訪れた人の目を楽しませていた。
    ×  ×
 コチア市に完成した仏教寺院は、敷地面積十五万平方メートル。土地は企業から寄贈されたもの。台湾国内外から総額四百万ドルを集めて建設された。
 南米初となる仏教大学も開校。来年二月から、心理学、歴史、哲学などの講座がスタートする。
 設計は台湾系、中国系、日系、ブラジル人の建築家による共作。唐朝時代の様式を取り入れた。
 ジョルジ・スワゾノ氏(六〇)はオ・エスタード紙の取材に対して「伝統と現代の融合に頭を悩ました」と答えている。
 敷地内には百人収容可能な瞑想室や宿泊施設などがそろう。
 【辛亥革命】一九一一年(旧暦で辛亥の年)の十月十日、最後の王朝清帝国打倒を目指した革命派の軍隊が蜂起。南昌をはじめ全国で革命を起こした。海外で独立運動を準備していた孫文が帰国。南京でアジア最初の民主主義政権、中華民国の樹立を宣言、自ら初代大統領に就任した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月8日 東西南北  9日はサッカーのサンパウロ州選手権のグループリーグの最終節(第12節)の8試合が一斉に行われる。今回は波乱の大会で、すでにサントスが決勝トーナメントに進めずに脱落決定。この日の結果によっては、同選手権での2部降格もあり得る状態になっているほか、パルメイラスも結果いかんで決勝ト […]
  • 《サンパウロ州》現行の外出規制2週間延長=商店の営業時間は9時までに2021年5月8日 《サンパウロ州》現行の外出規制2週間延長=商店の営業時間は9時までに  サンパウロ州政府が8日、新型コロナ対策としての外出規制を「移行レベル」のまま2週間据え置くが、商店などの営業時間は延長すると発表したと同日付伯字サイトが報じた。  移行レベルの据え置きは、直近7日間の死者の平均値や新規の入院患者数の平均値が期待したほど下がらず、高止まりして […]
  • サンタクルス病院=29日に「日本病院」名復活=戦中の連邦介入以来79年ぶり2021年5月8日 サンタクルス病院=29日に「日本病院」名復活=戦中の連邦介入以来79年ぶり  サンパウロ市南部にあるサンタクルス病院(Hospital Santa Cruz、佐藤マリオ理事長)は7日、同院の創立記念日4月29日を機に「サンタクルス日本病院(HOSPITAL JAPONÊS […]
  • 東京埼玉宮城=持ち帰り屋台まつり開催=カレーパン、豚味噌角煮など2021年5月8日 東京埼玉宮城=持ち帰り屋台まつり開催=カレーパン、豚味噌角煮など  宮城県人会(上利エジガー会長)、埼玉県人会(吉田章則会長)、東京都友会(鈴木ワグネル会長)の3県人会は30日に「宮城埼玉東京屋台祭り」を開催する。  会場は、サンパウロ市リベルダーデ区にある宮城県人会館(Rua […]
  • 《ブラジル》マンジック氏が死去=ネット黎明期の成功者2021年5月8日 《ブラジル》マンジック氏が死去=ネット黎明期の成功者  ブラジルにおけるインターネット黎明期の成功者として知られるアレッシャンドレ・マンジック氏が6日、サンパウロ市で死去した。66歳だった。6、7日付現地紙、サイトが報じている。  マンジック氏は1954年にサンパウロ市で生まれ、1972年にサンパウロ州技術学校を卒業後、シーメン […]