ホーム | 日系社会ニュース | 亀岡、ジャンヂーラ姉妹交流―熱烈歓迎に日本側感動―カメオカ校児童「君が代」歌う

亀岡、ジャンヂーラ姉妹交流―熱烈歓迎に日本側感動―カメオカ校児童「君が代」歌う

10月18日(土)

 亀岡市・ジャンヂーラ市平和友好親善訪問団(滝本健二団長)は、十六日にジ市を訪問、歓迎式典、パウロ・エンリッケ・バルジュ市長主催の夕食会に出席した。両市は、八五年十一月三日に姉妹都市提携、今回二十人の訪問団が来伯した。
 サンパウロ市からカステロ・ブランコ高速道で南西へ三十四キロ。ジャンヂーラ市は、人口約十万人、二二平方キロ、隣接したサンパウロ市のいわゆるベッドタウン。京都市から西方へ二十キロ、人口約九万五千人、面積二百二十四平方キロの亀岡市とは、ベッドタウンという共通点も見出せる。
 滝本団長ら一行は、同市が用意したパトカーとバイクの先導を受け、同市を一周後、会場に向かった。
 午後二時、市営のスポーツセンターに入ると、三百人近くの市民が両国の国旗を振り、歓声を挙げた。同市の小学生や園児を中心とした、歓迎陣が団員を迎え入れる。パウロ市長を始め、アルタミール・デ・ソウザ・ヴィアーナ副市長、エンリッケ・フランシスコ・デ・アレシャンドリア市議会議長ら来賓も多数出席した。
 「君が代を上手に覚えてくれて感動した」と、団員の木村幸雄さん。開始直後、観客に団員全員を紹介し、国歌斉唱。カメオカ初等学校の児童たちから、君が代が聞こえてきた。君が代が三回流れるハプニングがあったものの、一同は意外な歓迎に驚きつつも感じ入っていた様子だった。
 式典では、市立ブラスバンドや子どもたちの踊りで歓迎。亀岡市側からは、「かめおか・テレーノ・トノ・アンサンブル」によるオカリナ演奏や、有志による亀岡市の踊りを披露した。
 途中、滝本団長があいさつ。「(提携を結んで)十八年と言えば人間にたとえて、輝かしい未来を持つ青年へと大きく成長する過程にある。今後も両市の友情は、多くの可能性を秘めている」と話した。また、パウロ市長は「両市の関係が切れそうになったこともあるが、これを機会に関係を強めていきたい」と意気込みを語った。会の最後に、パウエル牧師指導のもと、会場全員で手をつなぎ、両市の子どもたちの幸福に祈りを捧げた。藤原翠子さんは「市を挙げて応援する姿勢は、近頃の日本にはない。会場では、子どもたちの素直な目が印象的だった」と、感慨深げだった。
 一行は、市議会議事場、市役所を見学し、夕食会に参加。今後、市内施設(初等小学校)見学や記念植樹を行う。
 [訪問団]団長、滝本健二。副団長、堤敬。団員、稲荷豊、大沼光代、大森章子、伊藤田鶴子、佐藤茂子、西田久代、藤原翠子、足立勝、湯浅英雄、渡辺久二子、才木稔子、磯部美都由、野原弘子、木村幸雄、木村セツ子、高屋輝雄、福本裕美、宮崎敦。(敬称略、順不同)。
 [姉妹都市提携]八一年宗教法人大本の仲介により、両市市長が始めて親書を交換。八五年に姉妹都市提携を締結後、八七年に亀岡市側が市民参加の訪問団派遣。九〇年にはジ市に衣類を寄付、九八年のガレリアかめおか竣工式典にジ市関係者からの参加があった。過去、訪問団派遣五回、訪問団受け入れ五回。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■田村昭一さん2019年1月8日 ■訃報■田村昭一さん  イタチーバ日伯文化協会で会長職を歴任してきた田村昭一さんが、先月26日午前、アチバイア市内病院で老衰により亡くなった。享年90。  1928年3月15日、高知県土佐市生まれ。34年に家族とともに渡伯した。サンパウロ市近郊のモーロ・グランデに入植し、じゃがいも栽培を学 […]
  • 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん2018年12月27日 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん  ハリウッド映画『ラストサムライ』で準主演・信忠役を演じ、慈善活動にも熱心な邦人俳優の小山田真さん(こやまだしん、36、岡山県)が、20~24日にかけて来聖した。米国ロサンゼルス在住で、今回は当地における社会貢献活動展開の可能性を模索するために訪れた。  小山田さんは […]
  • 飯星下議=マリリアと泉佐野市が姉妹都市に=最後の訪日、四世ビザ緩和訴え2018年12月4日 飯星下議=マリリアと泉佐野市が姉妹都市に=最後の訪日、四世ビザ緩和訴え  年度末で任期満了を迎える飯星ワルテル連邦下院議員(PSD)は先月13~18日の間、日本への最後の公式訪問を行った。マリリア市と大阪府泉佐野市との姉妹都市協定調印式に出席したほか、麻生太郎副総理や河村建夫衆議と会談し、四世ビザの要件緩和を訴えた。そのほか、日系ブラジル人 […]
  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]
  • 三重県人会、三つの節目祝う=創立75周年、移住105周年など=母県から海外功労者、感謝状も2018年10月30日 三重県人会、三つの節目祝う=創立75周年、移住105周年など=母県から海外功労者、感謝状も  三重県人会(下川孝会長)が27日、県人移住105周年、県人文化援護協会創立75周年、三重県・サンパウロ州姉妹都市提携45周年の節目を迎え、記念式典を開催した。式典には約170人の県人会関係者らが集まり、3つの節目を祝った。また母県から海外功労者賞に3人が選ばれ、海外在 […]