ホーム | 日系社会ニュース | 野球W杯=3対4でキューバに惜敗=9回裏 痛恨のサヨナラ本塁打=先発10人中8人が日系=準々決勝初進出の快挙

野球W杯=3対4でキューバに惜敗=9回裏 痛恨のサヨナラ本塁打=先発10人中8人が日系=準々決勝初進出の快挙

10月24日(金)

 【既報関連】最強キューバに大善戦――。キューバで開催中の野球W杯の準々決勝でブラジルはキューバに三対四で惜敗、惜しくも四強入りを逃した。先制されながらも、粘り強い試合運びを見せたブラジルは九回表に逆転しながらも、九回裏にキューバに本塁打を許し逆転サヨナラ負けした。
 佐藤允禧監督率いるブラジルは、指名打者(DH)を含む先発十人中日系人が八人。イビウーナ市のヤクルト野球アカデミーから日章学園(宮崎)に留学し、昨年プロ野球セ・リーグの中日入りした瀬間仲ノルベルトや、元ヤクルトの選手で現在、社会人野球のミキハウスで活躍するロドリゴ渡辺らプロアマの最強メンバーで構成されている。
 日本や米国など強豪が揃った予選リーグ七試合を四勝三敗で乗り切ったブラジルは、初の準々決勝進出だった。
 過去最多の優勝回数を誇るキューバは、地元開催ということもあり、ブラジルの不利が予想されていた。三回に本塁打で二点を失い、先制されたブラジルは四回に、グループリーグ最終戦でも本塁打を放った瀬間仲の活躍で一点を奪う。さらに六回にはレイナウド佐藤の安打で、同点に追い付いた。
 三菱重工で活躍するクレーベル・オジマの力投で試合は引き締まった展開となり、八回を終わった段階で二対二のタイスコア。
 四強入りに執念を見せるブラジルは九回表にレーナン佐藤の本塁打で、三対二と試合をひっくり返した。しかし、地力に勝るキューバに対し、オジマは九回裏に痛恨の逆転二点本塁打を許し、サヨナラ負けした。ブラジルは過去八大会連続優勝を飾っているキューバの八本を上回る十安打を放ちながら、惜敗した。
 準決勝に進んだキューバは、米国を二対一で下した台湾と対戦する。また、韓国に二対〇で快勝した日本は、パナマと対戦する。
 ブラジルは二十三日、五位決定戦進出をかけて、米国と対戦、敗れれば七位決定戦にまわる。日本や米国など優勝候補と同じグループに振り分けられただけに、準々決勝進出も難しいと見られていたブラジル。最強のキューバ相手の善戦にサンパウロ州野球連盟のマサ・フジモト事務局長は「いい試合内容だった。まだ試合が残っているので頑張って欲しい」とエールを送った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月4日 東西南北  2日のサッカーのサンパウロ州選手権。イタケロン・スタジアムで行われたコリンチャンス対サンパウロは2―2で引き分けた。サンパウロが、18年W杯メンバーで今季から古巣復帰のミランダのゴールで先制も、コリンチャンスが後半40分に逆転。だが、試合終了間際にサンパウロが追いついた。同杯 […]
  • 《ブラジル》全物件落札「入札週間」成功裏に=バイア州では鉄道の東西線=港湾5ターミナルも民営化2021年4月14日 《ブラジル》全物件落札「入札週間」成功裏に=バイア州では鉄道の東西線=港湾5ターミナルも民営化  【既報関連】7日に行われた3ブロック22空港の入札を筆頭に、8日の鉄道事業、9日の港湾ターミナルと続いた「入札週間」は成功裏に終わり、予定していた物件の全てで入札が成立したと8~10日付現地紙、サイトが報じた。  8日の鉄道事業は、バイア州イリェイス~カエチテ間53 […]
  • 《ブラジル》入札週間第1弾で22空港の入札成立=連邦政府は33億レ確保=想定額を大幅に上回る好成績2021年4月8日 《ブラジル》入札週間第1弾で22空港の入札成立=連邦政府は33億レ確保=想定額を大幅に上回る好成績  インフラ省が統括して行う入札週間が始まり、第1弾となる22空港の運営権に関する開札では全3ブロックの入札が成立し、連邦政府が33億レアルを確保と7日付現地サイトが報じた。ブラジルの将来的な経済動向を、市場がどう先読みしているのかを占うものとして注目されていた。  3 […]
  • 《サッカー》6月にコパ・アメリカ開催=セレソンの初戦はベネズエラと2021年3月17日 《サッカー》6月にコパ・アメリカ開催=セレソンの初戦はベネズエラと  南米サッカー協会(CONMEBOL)は15日、アルゼンチンとコロンビアでのコパ・アメリカを当初の予定より2日間短縮し、6月13~7月10日に開催することを決めた。参加国は招待国なしの南米10カ国となる。15、16日付現地紙、サイトが報じている。  今回のコパ・アメリ […]
  • 《リオ州議会》マラカナンの正式名称をペレに=マリオ・フィーリョ家が抗議2021年3月11日 《リオ州議会》マラカナンの正式名称をペレに=マリオ・フィーリョ家が抗議  リオ州議会が9日、マラカナン・スタジアムの正式名称を「エスタジオ・エジソン・アランテス・ド・ナシメント」(ペレ)に変更する事を決めたことに対し、マリオ・フィーリョ家が抗議の声を上げたと同日付現地サイトが報じた。  通称「マラカナン・スタジアム」とよばれる巨大サッカー場の正式 […]