ホーム | 日系社会ニュース | 警視庁=巡査部長ら5人が研修=ポ語や生活習慣を学ぶ

警視庁=巡査部長ら5人が研修=ポ語や生活習慣を学ぶ

10月30日(木)

 ポルトガル語やブラジルの生活習慣を学ぼうと、ブラジル人居住者の多い静岡、岐阜など五県の巡査部長、巡査長、巡査が今月五日からサンパウロ市に滞在している。
 清水観巡査部長(静岡県)、佐伯貴生巡査長(東京都)、今井祐樹巡査長(岐阜県)、関浩太郎巡査(長野県)、加藤尚志巡査(三重県)の五人で、十一月末まで市内の語学学校でポルトガル語の集中レッスンに励む傍ら、軍警や市警における捜査・逮捕手続きの過程や、司法制度の仕組みなどを研修。ファヴェーラ訪問などブラジルの社会状況を視察する時間も設けられている。
 帰国後は犯罪捜査に当たるだけでなく、地理案内や交通指導など生活面でも在日ブラジル人をバックアップしていく。
 今井巡査長と加藤巡査は三年前にも県警派遣の語学研修でブラジルに滞在。今回は会話力の向上が課題だが、二人とも「専門の通訳の方に頼る場合が多く、実際に自分が話すケースは少ない。なかなか語学力を維持できないのが悩み」と打ち明ける。
 三年ぶりに見たサンパウロについては、「街頭に立つ警察官がぐっと増えたような気がする」と口をそろえた。
 日系三世のエリザベス・マスノ警部主催で市警関係者との昼食懇談会が開かれた二十三日、個人旅行を含め来伯四回目となる清水巡査部長は、率先して意見交換。「現場での捜査方法、取り調べなど参考になることが多い。何よりも彼らは誇りを持ってやっていると実感できた」と手応えを語っていた。
 この警察庁主催の海外語学研修はブラジルのほかにメキシコ、韓国、台湾などの国でも実施されている、という。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん2018年12月27日 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん  ハリウッド映画『ラストサムライ』で準主演・信忠役を演じ、慈善活動にも熱心な邦人俳優の小山田真さん(こやまだしん、36、岡山県)が、20~24日にかけて来聖した。米国ロサンゼルス在住で、今回は当地における社会貢献活動展開の可能性を模索するために訪れた。  小山田さんは […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 《ブラジル》四世ビザ3人目予定のコスタさん=東洋街で査証制度の説明会=「お仕事.com」社主催2018年11月22日 《ブラジル》四世ビザ3人目予定のコスタさん=東洋街で査証制度の説明会=「お仕事.com」社主催  サンパウロ市リベルダーデ区のビザ代行取得業者「お仕事.com(ドットコム)」社が20日、東洋街の熟連クラブ会館で四世受け入れ制度についての説明会を開催した。当日は四世や同制度に関心を持つ人など約70人が集まった。ブラジルで3人目の『四世ビザ』取得者となる予定のデヴィド […]
  • 日本側でも外務大臣表彰=吉川秀隆さん、斎藤俊男さん2018年9月1日 日本側でも外務大臣表彰=吉川秀隆さん、斎藤俊男さん  平成30(2018)年度の外務大臣表彰では、日本側でもブラジル関係者2人が受賞している。表彰式は7月24日に東京の飯倉公館で行なわれ、河野太郎外務大臣より表彰状と副賞の正絹風呂敷が贈られた。  タカラベルモント株式会社の会長兼社長の吉川秀隆さんの受賞理由は、「日本と […]