ホーム | 日系社会ニュース | 従来どおりお話し大会=聖南西、出場者も審査を

従来どおりお話し大会=聖南西、出場者も審査を

10月31日(金)

 聖南西教育研究会(大渕秀治会長)主催の「第五回聖南西お話し大会」が二十六日、イビウーナ文化協会会館で開かれた。聖南西スポーツ連盟(UCES)、イビウーナ文化協会の後援。同地区内の十校から計九十六人が参加。日本語学習の成果を父兄らに披露した。
 このお話し大会は、全伯お話し大会(日本語普及センター主催)が終止されたことを受け、地区規模のものとしてスタートしたもの。暗唱、スピーチの二部門がある。
 参加に意義を持たせたいと、敢えて、順位は公表しない。入賞者へのトロフィーやメダルの授与で成績を推測出来きるよう配慮している。
 出場者が審査に加わることも大きな特徴の一つだ。ほかの学習者の話も聞かせようと、主催者が思いついたアイディアで子供たちにも好評を得ていた。
 このほか、劇や楽器演奏など学習発表も企画され、来場者は楽しい一日を過ごした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 学習者の3分の1が非日系?!=質的な変化とげる日本語教育=増える初等中等教育の生徒2019年2月9日 学習者の3分の1が非日系?!=質的な変化とげる日本語教育=増える初等中等教育の生徒  2014年には2万人を切っていた全伯の日本語学習者が、わずか3年間で3080人も増え、2017年には2万2993人になっていたことが、国際交流基金サンパウロ日本文化センター(洲崎勝所長)の調べで分かった。また全学習者の3分の1が非日系人になっている可能性があり、その分 […]
  • 大失敗?! 四世受入れ制度=目標4千人なのに、まだ数人…=(上)=「年齢、帯同不可は厳しすぎ」2018年12月14日 大失敗?! 四世受入れ制度=目標4千人なのに、まだ数人…=(上)=「年齢、帯同不可は厳しすぎ」  「日本文化を習得する活動等を通じて日本に対する理解や関心を深め、日本と現地日系社会との懸け橋となる人材を育成する」ことを目的とし、7月から施行された日系四世受入れ制度。開始から5カ月経ったが、同制度による査証発給数は1桁を超えていないようだ。来年3月までに4千人の日系 […]
  • 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室2018年12月1日 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室  日本語学校のスポーツが好きな13~17歳の生徒が参加する『聖南西青空スポーツ教室』(聖南西教育研究会主催)が11月15日、ピラール・ド・スール文化体育協会のグランドで開催された。  年に5つある生徒参加地区行事の中でも、12月に行われる林間学校とともに生徒がとても楽 […]
  • 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表2018年11月9日 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表  第9回ブラジル三州パラグアイ交流日本語お話大会が10月27日、パラナ日伯文化連合会で開催された。パラナ日伯文化連合会主催、パラナ日本語教育センター実施、在クリチバ日本国総領事館、国際交流基金後援。  今大会ではパラグアイの日本語学校は欠席となったが、パラナ州から8校 […]
  • ■ひとマチ点描■くまモン、次はいつ?2018年11月7日 ■ひとマチ点描■くまモン、次はいつ?  人気者くまモンを歓迎のために、ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)では、1時間も前から日本語学習者の子供や青年ら100人が集まり、くまモン体操の練習に汗を流していた。 […]