ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 殿方の攻略法手ほどき=35歳過ぎても結婚可能

殿方の攻略法手ほどき=35歳過ぎても結婚可能

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • カッポン・ボニート文協=創立60周年を盛大に=約3百人が喜びの笑顔2012年10月2日 カッポン・ボニート文協=創立60周年を盛大に=約3百人が喜びの笑顔  今年で創立60周年を迎えたカッポン・ボニート文化体育協会(柿原隆幸セルジオ会長、ACESB)が16日、『創立60周年記念式典』を同会会館で盛大に開催し、聖南西文化体育連盟の山村敏明会長や連盟傘下団体代表者ら、斎藤ジョゼ・同市長代理、田村一司・元同市長ら来賓をはじめ、会員や親族 […]
  • 《ブラジル雇用情勢》第3四半期で若干改善=失業率低下はサンパウロ州だけ2019年11月22日 《ブラジル雇用情勢》第3四半期で若干改善=失業率低下はサンパウロ州だけ  ブラジル地理統計院(IBGE)が19日に発表した全国家計サンプル調査継続版(Pnadコンチヌア)によると、全国26州と連邦直轄区を個別に見た場合、第3四半期はサンパウロ州だけが第2四半期比で失業率が低下したことが分かった。20日付ブラジル国内各紙が報じた。  サンパウロ州の […]
  • 大耳小耳2016年2月4日 大耳小耳  甘利経済再生相の金銭授受問題を取り上げた1月30日付「樹海」の注目度は高く、弊紙サイトでもアクセスが多い。耳子の取材先でも「ブラジルに比べて、わずかな額で一国の大臣が辞任しなければならないとは…」という声もよく聞く。事件の善悪はともかく、国益から見れば、TPPが大詰めを迎える […]
  • コラム 樹海2004年4月24日 コラム 樹海  コチア青年らが夢を求めブラジルの大地に渡ってから来年で五〇周年を迎えるそうだ。みんなが二十代かそこいらで五十ドルを懐にしての移民船だったが、今や古稀の人たちも珍しくはない。そんな「古き青年」たちが国士館センターに「コチア青年の森」を造成することにし一人一人が一本の木を植えて子 […]
  • 《ブラジル》しつこい勧誘電話をシャットアウト=電話番号登録サービス開始2019年7月17日 《ブラジル》しつこい勧誘電話をシャットアウト=電話番号登録サービス開始  しつこい勧誘や売り込み電話に悩んでいるブラジル市民に朗報だ。16日からこうした電話を無料でシャットアウトするサービス、「ノン・ミ・ペルトゥルビ(私を邪魔しないでの意)」が始まったと、15、16日付現地サイトが報じている。 希望者は、専用サイトwww.naomeperturb […]