ホーム | 日系社会ニュース | 日本の美徳を笑いと涙で=初来伯の講談に爆笑の渦

日本の美徳を笑いと涙で=初来伯の講談に爆笑の渦

1月13日(火)

 バンバンー。扇子の音が文協記念講堂にこだまする。コロニアに初めて講段がやってきた。ブラジル日本文化協会(上原幸啓会長)は、十一日午後二時から「文協寄席・日本の話芸・講談」を催した。会場にはおよそ八百人が来場。宝井琴梅師匠と四人の渥美講談塾生(千葉県)による講談に、会場は爆笑の渦に包まれた。
 琴梅師匠の登場当初、「私も若い頃はブラジルに移住しようと考えていた」と会場をわかせる場面もあった。最後、顔を上気させた宝井琴梅師匠が正座で一礼。途中、涙をこぼしていた高齢の男性が、最後には笑顔に戻り、しきりに拍手を贈るという場面も見られた。
 よもすがら検校(長谷川伸原作)あらすじ―。検校(けんぎょう、盲人の最上級の官名)は、当代随一の平家物語の語り手。江戸から京へ戻る道中、部下の裏切りにより雪の中に置いていかれた検校。助けたのは夜逃げ中の若蔵という若者だった。献身的な若蔵のお陰で、検校は一命をとりとめた。数年後に京の検校を訪ねた若蔵。検校は最も大事にした琵琶を炉にくべてお茶を出す。モノ、金の世の中に、命の恩人にこころざしで返礼した。古き良き日本の美徳を思い起こさせる一席だった。
 来場していた七十代の男性(サンパウロ市)は「講談のような日本文化に、もっと来てもらって、二、三世を日本文化に導いて欲しい。それが、結局我々一世のためになる」と感想を語った。また、六十代(モジ・ダス・クルーゼス市)は「講談は若い頃に聞いていた。講談によく連れて行ってくれた東京の兄を思い出した」と懐かしそうだった。
 琴梅師匠は一九四一年、東京生まれ。都立本所工業高校電気科卒業後溶接工となるが、講談の魅力にとりつかれ、六六年に十二代目田辺南鶴師に入門する。六八年には、南鶴師の死亡により五代目宝井馬琴門下となる。六九年に二つ目。七五年六月に真打昇進。琴梅を襲名、今日に至る。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年1月4日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年1月4日  2日、大サンパウロ市圏イタペセリカ・ダ・セーラのペルナンブーコ通りでアスファルトが突然陥没し、そこを通りかかった軽トラックが陥没で出来た穴に落ちた。サンパウロ水道局(Sabesp)によると、この近辺ではこの前日に水漏れが記録され、水の供給が […]
  • 《ブラジル》大統領長男がコロナ感染=ラシャジーニャ疑惑の最中に2020年8月26日 《ブラジル》大統領長男がコロナ感染=ラシャジーニャ疑惑の最中に  リオ州議時代のラシャジーニャ疑惑に揺れる大統領長男フラヴィオ・ボルソナロ上議が25日、コロナウイルスに感染したことを明らかにした。同日付現地サイトが報じている。  フラヴィオ氏によると症状は特に出ておらず、現在はブラジリアの自宅で隔離に入っている。自宅では父ボルソナロ大統領 […]
  • 大耳小耳2009年7月9日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2009年7月9日付け […]
  • 東西南北2013年5月10日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年5月10日  強姦容疑で逮捕されたリオの牧師、マルコス・ペレイラ容疑者に対し、下院人権委員会のマルコ・フェリシアーノ委員長がツイッターで「マスコミはちゃんと調べたのか?」と擁護する発言を行った。同氏は以前から同容疑者と面識があり、「優れた人物」だとして評 […]
  • 航空会社、政府に賠償請求へ=空港の混乱はようやく収束2006年11月7日 航空会社、政府に賠償請求へ=空港の混乱はようやく収束 2006年11月7日付け  【フォーリャ・デ・サンパウロ紙五日、六日】航空会社全国組合(Snea)のアンシエッタ副組合長は四日、混乱が続く航空管制により生じた損害に対する賠償として、少なくとも四〇〇〇万レアルを連邦政府に求める考えを明らかにした。 […]