ホーム | 文芸 | 刊行 | 刊行物

刊行物

1月14日(水)

  『火焔樹』一月号が発行された。「月下美人(十句)」(要一郎、その一句「父の世をはるかに月下美人咲く」)、一行評(要一郎)、雑詠(要一郎選)、ブラジル子供俳句アサイ学園、ピラポーラ日本語学校(要一郎選)、ハイカイ耕地うちそと(97)、ホトトギス十月号入選句(転載)、ほか。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 今週末の催し2007年6月15日 今週末の催し 2007年6月15日付け      ◇土曜日◇  石川県人会文化祭、十六日午前十時~午後五時、会館(トマース・カルヴァリャル街184)、十七日も同時刻開場。      □ […]
  • 戦後移住50周年=「二世の辿った50年」講演=渡部和夫氏や植木元大臣2003年6月25日 戦後移住50周年=「二世の辿った50年」講演=渡部和夫氏や植木元大臣 6月25日(水)  戦後移住五十周年記念祭実行委員会(中沢宏一委員長)は、六月から九月にかけて、四回の記念講演会の開催を予定している。 […]
  • 大耳小耳2016年9月21日 大耳小耳  ブラジル野球代表が明日から、世界一を決める第4回WBCの予選に臨む。英国ら4カ国と本選出場の1枠を争うもので、初戦は22日昼のパキスタン戦。チームは現在、開催地の米ニューヨークで合宿しており、来年3月の本大会に向け関係者は「なんとしても突破しないと」と鼻息荒い。       […]
  • 60周年の節目、創立者偲び=コチア合同慰霊祭、26日2015年9月15日 60周年の節目、創立者偲び=コチア合同慰霊祭、26日  コチア青年連絡協議会(前田進会長)、コチア旧友会(長田勝会長)、下元家が共催する『第58回コチア関係者合同先没者慰霊祭』が、26日午前10時からサンパウロ州タボン・ダ・セーラ市のサンタテレジーニャ教会(Rua Tereza Maria Luizetto, […]
  • ソチ五輪ブラジル代表選手に悲劇=体操から転向のライスが瀕死の重傷2014年2月8日 ソチ五輪ブラジル代表選手に悲劇=体操から転向のライスが瀕死の重傷 ニッケイ新聞 2014年2月8日  7日、ロシアのソチで冬季五輪が開催されているが、この大会に出場する予定だったブラジルの女性選手に悲劇が起こっている。  女子のスキー・ジャンプに出場する予定だったライス・ソウザ選手(25)は1月28日、遠征先のアメリカユタ州のソルト・レイク […]