ホーム | 文芸 | 刊行 | 『蜂鳥』

『蜂鳥』

 句集『蜂鳥』327号が発刊された。
 「蜂鳥集」より3句、「夏近し軽いサンダル花模様」(間部よし乃)、「国つなぐ新国道や風光る」(小原加代)、「夏時間とまどひ多き年頃に」(青砥久子)。エッセイには、連邦議会訪問を綴った「コチア青年60周年式典」(井上人栄)、太鼓演奏会での旅行記「リオの旅」(若林敦子)ほか、10年前少しニュースになったという「ブラジルにも地震」(森川玲子)など。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 樋口さん『大地の恵み』=「希望者にお分けします」2013年2月16日 樋口さん『大地の恵み』=「希望者にお分けします」 ニッケイ新聞 2013年2月16日  本紙カンピーナス代理人でもある樋口四郎さん(77、福岡県)が随筆集『大地の恵み』(日毎叢書企画出版)を2月に刊行した。 […]
  • 110周年記念リレーエッセイ=若手・中堅弁護士が見た=日伯またぐ法律事務の現場=第2回=労働法、税法の理解のために2018年4月7日 110周年記念リレーエッセイ=若手・中堅弁護士が見た=日伯またぐ法律事務の現場=第2回=労働法、税法の理解のために  ブラジルにおける労働法、税法は、日本の駐在員にとって一番分かり難い法制度になっています。私は2年間ほど日系企業との付き合いがありますので、日伯の比較をしながらブラジルの労働法、税法について幾つかの問題点を取り上げたいと思っております。  まずは労働法についてお話したいと思い […]
  • ■訃報■山田充伸さん2018年3月16日 ■訃報■山田充伸さん  コチア青年連絡協議会、岐阜県人会、ブラジル倫理の会などで会長職を歴任した山田充伸さんが、癌のため先月19日に亡くなった。享年82。  山田さんは1936年11月23日に岐阜県郡上郡八幡町で生まれ、戦後58年にコチア青年の第1次14回生として渡伯した。ミナス州ピラポーラ団地に […]
  • わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(43)2017年8月22日 わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(43)  そして資金面で一致結束できる見通しがようやく判明した。そこで3ヵ月後の9月臨時総会を召集し、資金調達の予備調査の結果が報告され、母県への代表派遣を正式に決定。その代表に山城勇を正式に決定した。  私自身は決して喜んで引き受けるのではなく、事の重要性を自覚していながらも、既に […]
  • 大耳小耳2016年11月5日 大耳小耳  コチア青年の古希・喜寿・傘寿合同祝賀会では、記念品としてお盆やすし桶が該当者に贈られた。前田会長によると、7~8年前は湯飲みや花瓶だったそう。「安っぽいしねえ。すし桶とお盆に変えたら反応も良かった」と笑った。普段使いできるものも良いが、「そこでしか貰えない物」も良い。島根県人 […]