ホーム | 日系社会ニュース | 降って湧いた50万R$出費=捻出に頭抱える相撲連盟=ボンレチーロ球場周辺再開発で=野球、ゲートボールも影響

降って湧いた50万R$出費=捻出に頭抱える相撲連盟=ボンレチーロ球場周辺再開発で=野球、ゲートボールも影響

1月16日(金)

 移民五十周年に建設された〃ブラジルの甲子園〃とも呼ばれる日系球界伝統の球場、ボンレチーロ市営野球場周辺が、サンパウロ市居住・都市開発局(パウロ・テイシェイラ局長)のプロジェクトにより、パルケ・ド・ガット運動公園に生まれ変わる。これに伴って、相撲場、ゲートボールコートが移転することになり、代替地の選定や移転費用を巡り、関係団体に様々な波紋を投げかけている。

 ブラジル相撲連盟の赤木政敏会長は、「移転に四十万レアル、新設には屋根付きで五十万レアルかかるが、全て自費の予定だ。現在は、移転の延長を申し出ているところ」と語り、移転費用意の捻出に頭を抱えている様子だ。
 事の発端は、サンパウロ州が管理する幹線道路マージナル・チエテの路線拡張工事だ。その予定地に土俵が位置しているため、急きょ移転せざるをえなくなった。市側では拡張工事にあわせて周辺を整備し、市営公園にすることになっている。
 市営公園になるのだから費用は本来市側が負担するのが筋だが、相撲連盟に対し、「市側関係者はもともとは州管理のマージナル工事が発端。それを市側がいちいち補償できないと突っぱねた」という。
 降って湧いたように現れた五十万レアルにも上る移転費用は、相撲連盟にとって厳しい現実だ。
 一方、ブラジル・ゲートボール連合会の本藤利会長は、「コート八面と休憩場、簡単な料理ができる台所のある代替地を要請した。また、コートは平らであればあるほどいいので、他人が入らないように柵の設置を要請した。本来は、コートは使えば使うほどいいので、移転は残念。現在地は公園になる」とやはり移転を残念がる。
 また、周辺の子どもを集めて野球教室なども開催しているパウリスタ野球連盟の沢里オリビオ会長は、「野球場は基本的には変化無し。ナイターが出来るように、照明設置を市側に呼びかけている。公園が整備されて出入りしやすくなるかもしれない」とむしろ好影響を期待する。
 昨年十一月二十七日の最初の説明会で、設計担当者の建築家ラウル・ペレイラさんは関係団体を集めた。
 説明によると、タマンドゥアテ川沿いのファベーラ住民を、サッカー場と駐車場があった地域に建設中のシンガプーラ(市営の低所得者向けアパート)に収容。これに伴って、サッカー場(二面)とゲートボール場(八面)、相撲場は上記の図のように移転する。
 シンガプーラを含めた同公園の総面積は十七万五千平方メートル。ファベーラには、千二百四十九人、三百九十六家族が住む。パ野球連盟の沢里会長は「市長選挙の十月前に公園が完成するのでは」と予測している。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年12月3日 東西南北  大半が10代だった若者9人が犠牲になった、サンパウロ市西部にある巨大ファベーラ、パライゾーポリスでのファンキ・パーティ圧死事件から、1日でちょうど1年が経過した。狭い会場に逃げ込んだ麻薬密売者を追いつめようと、軍警が無理な追跡を行った結果、逃げ惑ったパーティ参加者らが貧民街の […]
  • 大耳小耳2019年6月14日 大耳小耳  サッカー南米選手権(コパ・アメリカ)の日本代表初戦、チリ戦がいよいよ来週17日(月)に迫っている。だが試合会場のモルンビースタジアム(Praca Roberto Gomes Pedrosa, 1, […]
  • カブラル逮捕=リオ州のみならずブラジルに衝撃=政治腐敗で崩壊した州財政=ジウマはかつての蜜月否定も=PMDB内にも打撃確実2016年11月19日 カブラル逮捕=リオ州のみならずブラジルに衝撃=政治腐敗で崩壊した州財政=ジウマはかつての蜜月否定も=PMDB内にも打撃確実  17日のセルジオ・カブラル前リオデジャネイロ州知事の(民主運動党・PMDB)逮捕は、リオ州ならびに国政に大きな波紋を投げかけている。18日付現地紙が報じている。  カブラル前知事の逮捕は、リオ州が財政破綻に陥っている状況下、衝撃を持って迎えられた。 […]
  • 五輪を見に行けない地元の子供たち2016年4月30日 五輪を見に行けない地元の子供たち  「リオ五輪の試合は何か見に行くの?」。リオ市立マリリア・デ・ジルセウ小中学校で27日に富士山写真展の開幕式をやった後、出席した男子生徒にそう聞くと、隣にいた友達と顔を見合わせて「行く予定はないよ」と少し恥ずかし気に応えた。「どうして行かないの?」と畳みかけると、困ったようにう […]
  • ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選2015年10月2日 ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選 アリアンサ  新津 稚鴎 激つ瀬のひっぱる風や木々芽ぐむ 草萌ゆる野やぽっかりと月浮かべ 鼻振って家の漫歩や蝶の昼 夜蝉鳴く泣き虫の樹が泣き止めば 貯水池に天から降って目高棲む いさぎよく葉を落としイペ花仕度 水温む鶏が孵せし子家鴨に 【作者・稚鴎さんは来たる十 […]