ホーム | 日系社会ニュース | 「絵手紙」普及につとめる=横浜から来伯=洋画家の小林さん

「絵手紙」普及につとめる=横浜から来伯=洋画家の小林さん

1月23日(金)

 いま、日本で大人気の「絵手紙」がブラジルでも流行しつつある。神奈川県横浜市在住の洋画家で現代美術家協会会員、小林美恵さんが昨年末、初の「絵手紙」講習会を石川県人会で行い、普及に努めている。
 小林さんは長男がサンパウロ市に永住しているため、今回で五回目の来伯。「何か、絵を通してお役に立ちたい」と考え、誰でも手軽に取り組める「絵手紙」の普及を思いついた。「絵手紙」は通信交換により同好の友人の輪を広げることができるという。
 昨年十二月八日、初の「絵手紙」講習会を開いた小林さん。毎週火曜日、午前九時半から同十一時半まで行なわれる講習会は今月二十日で五回を迎え、受講者も十二人へと増えた。
 画材の絵はがき(白地)、墨汁、筆(日本製)などは小林さんが用意、受講者は水彩絵の具を持参。指導は、まず、線の引き方から始まり、持ち寄りの花や野菜などを観察しながら描く。受講者は主婦が中心で、絵はまったくの初心者から心得のある人まで様ざまだが、個人が自由に表現し、思いがけない出来栄えに喜びの声も。
 次の絵手紙講習会は二十七日午前九時半からあるが、小林さんに帰国の予定があり、今後は小林さんの六回目の来伯に期待が寄せられている。受講者のなかでは、「これを機会に「ブラジル絵手紙サークル」を!」という意見もある。
 ブラジルに魅せられた小林さんは、イグアスー、アチバイア、チエテ川、イペーなどブラジルの花を題材に油絵の作品も増えているという。「帰国しても、みなさんと絵手紙で友情を深めたい」と語っている。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人2018年7月17日 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人  2018年度外務大臣表彰の受賞者が、本日発表された。ブラジル日本移民110周年を迎える今年は、在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在マナウス総領事館、在レシフェ総領事館、在ポルトアレグレ領事事務所から、例年を上回る計37人の個人・団体が選出された。主な受賞者とその功 […]
  • 2014年12月27日 岩手県人会の親睦旅行で=ブラジル最古の街カナネイアへ  ブラジル岩手県人会の招待で、11月14~16日にサンパウロ州カナネイアへの親睦旅行に出かけました。世界的観光地イグアスへ行った別記者とは違い非常に渋いチョイスです。サンパウロから南へ300キロ弱。初日深夜に市内を出発しバスに揺られること6時間ほどで到着しました。  バス […]
  • 《ブラジル》女性売買の国際グループ摘発=「俺の保証書付の品だけ送る」2021年5月5日 《ブラジル》女性売買の国際グループ摘発=「俺の保証書付の品だけ送る」  サンパウロ州ソロカバ市の連邦警察が4月27日、世界各国にブラジル人女性を送り出していた国際的な人身売買グループ「ハーレムBR」を摘発し、国内外9カ所で家宅捜索を実施、メンバー6人を逮捕したと4月27日、5月1日付G1サイト、4月27日付国営通信アジェンシア・ブラジルな […]
  • 東西南北2019年8月13日 東西南北  サンパウロ州政府が、現在工事が滞っている地下鉄6号線に関して、現在のコンソーシオに代わる企業を求めている。この線は北部ブラジランジアから中央部にある1号線サンジョアキン駅までを結ぶもので、2016年から工事がはじめられていたが、参加企業がオデブレヒトやケイロス・ガルヴォンなど […]
  • 岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え2018年9月6日 岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は「県人会創立60周年・県人移住100周年記念式典」を先月26日、サンパウロ市リベルダーデ区にある電気工組合ホールで開催した。母県から達増(たっそ)拓也知事、佐々木順一県議会議長をはじめ、市町や企業の代表者、郷土芸能使節団ら約40 […]