ホーム | 日系社会ニュース | ロンドリーナ=にわかSARS騒ぎ=急きょ結核病棟へ隔離?!=実はただの肺炎を誤診か

ロンドリーナ=にわかSARS騒ぎ=急きょ結核病棟へ隔離?!=実はただの肺炎を誤診か

1月24日(土)

 パラナ州ロンドリーナ市のサンタ・カーザ救急病院への日本人年金生活者M・Yさん(六二)の入院が、同市の保健衛生関係者を慄(おのの)かせた。同患者が重症急性呼吸器症候群(SARS)と思われるような医師の診断書を提示したためらしい。二十日付、パラナ州の地方紙、ジアーリオ・デ・ロンドリーナ紙、ガゼッタ・デ・ポーヴォ紙がそれぞれ報じている。
 SARSはアジア地域で多数の死者を出し、多くの国をパニック状態に陥れた新型肺炎。Mさんもまた、SARSの危険がいまだ叫ばれている都市、中国・上海から来た可能性があるとし、罹患の疑いが持たれていた。
 十九日午前、第十七地域保健所と同市保健局流行病調査課は、MさんからSARSの陽性反応がなかったことや、中国ではなく日本の岐阜県大垣市から来伯したことから、SARSの疑いを退けた。「患者は肺炎の診断書を見せたが、バクテリアが原因のもので、SARSではない」と断言。Mさんは糖尿病があり、貧血気味だが、SARS特有の異常な高熱、乾いた咳、筋肉と頭の痛み、食欲減退の症状も見られないという。
 Mさんはサンタ・カーザ救急病院がSARSの可能性があるとした後、大学病院(HU)へと搬送され、結核患者病棟に隔離された。HUの広報担当者によると、Mさんは医師団に付き添われ、すでにいくつかの検査を受けたという。流行病調査課は万全を期して、患者の隔離を続行し、また、血液を採取してフィオクルス試験所へと送った。検査結果は約十五日後に判明するらしい。
 関係者の一人は、「もし、医師たちがSARSについて十分な情報を得ていたら、日本はSARS流行地域ではないことが分かるはず。それに、このような厳重な応対も必要なかったでしょう」と指摘している。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=街頭広告が6年ぶりに復帰=シダーデ・リンパ法以来初2013年4月6日 サンパウロ市=街頭広告が6年ぶりに復帰=シダーデ・リンパ法以来初 ニッケイ新聞 2013年4月6日  3月30日から、サンパウロ市のバス停の一部で商業広告の掲示が見られるようになった。これは2007年のシダーデ・リンパ法施行以来はじめてのこととなる。5日付エスタード紙が報じている。 […]
  • 東西南北2014年7月19日 東西南北  17日午後4時頃、サンパウロ市東部タトゥアペーのヴィレッタ通りで、7千ボルトの高圧電線が切れて車の上に落ち、乗用車が炎上。衣服販売員のニヴァウド・ゴメス・ダ・フレイタ・ジュニオールさん(29)は感電と火傷で即死し、助手席に乗っていた妻のエリヴァニアさん(30)も全身の30 […]
  • 国際建築コンテストで2位に=日本から参加の犬塚、雨宮さん=「ブラジルでも仕事を」2009年8月14日 国際建築コンテストで2位に=日本から参加の犬塚、雨宮さん=「ブラジルでも仕事を」 ニッケイ新聞 2009年8月14日付け […]
  • J‐TEST、11月に=ビジネス日語検定も実施2018年9月7日 J‐TEST、11月に=ビジネス日語検定も実施  11月4日に開催される『J-Test実用日本語検定』(運営=語文研究社)の「第4回公開試験」では、当地初となるビジネス実用日本語検定「ビジネスJ-Test」が行われることになった。申込みは10月11日まで。定員になり次第締切りとなる。  今回の試験では、従来の初級者向けの「 […]
  • サンパウロ市証券市場=ブラジル取り残される=米緊急対策で欧米は回復2008年9月10日 サンパウロ市証券市場=ブラジル取り残される=米緊急対策で欧米は回復 ニッケイ新聞 2008年9月10日付け  米政府が二千億ドルに上る公的資金を二大投資銀行のファニー・メイとフレジック・メックに投じると発表し、事実上の国営化を遂行したが、ボベスパにはその効果が及ばなかったと九日付けフォーリャ紙が報じた。 […]